2009年06月19日

米軍細菌戦研究所で病原体サンプル9200が行方不明

フォートデトリック(FORT DETRICK)米軍生物兵器研究所

http://en.wikipedia.org/wiki/Fort_Detrick

で病原体サンプル9200以上が行方不明。


紛失した病原体サンプルのなかには、エボラウイルス、炭疽菌、
ボツリヌス毒素、ベネズエラ馬脳炎ウイルス、野兎病(ツラレミア)菌
なども含まれている。


☆9,200 uncounted vials found at Army biodefense lab (AP通信)

http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5hhFqMtXh4EkNNwL76wOXweOjVihAD98SLV100

http://s01.megalodon.jp/2009-0619-0903-02/www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5hhFqMtXh4EkNNwL76wOXweOjVihAD98SLV100

HAGERSTOWN, Md. (AP) ― An inventory of deadly germs and toxins at an Army biodefense lab in Frederick found more than 9,200 vials of material that was unaccounted for in laboratory records, Fort Detrick officials said Wednesday.

(以下省略)



731



posted by はなゆー at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。