2009年06月26日

「東国原自民党総裁」が実現しなければ「橋下・東国原新党」結成か

☆橋下知事「新党もありうる」…東国原知事擁立案も (読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000025-yom-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo66/msg/259.html

24日に行われた横浜市の中田宏市長らとの会合では、宮崎県の東国原英夫知事を新党のシンボルとして次期衆院選で擁立する案も検討されたという。

会合には、ほかに松山市の中村時広市長、神奈川県開成町の露木順一町長が参加。露木町長は25日、「(会合で)東国原知事を新党の顔にして、地方分権党を作ったらどうかと提案した」と述べた。




《おまけ》

☆ドロ舟自民党「東国原・橋下」新党だって(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/08/senkyo56/msg/966.html
投稿者 尾張マン 日時 2008 年 12 月 16 日

「そこで連中が考えているのが、宮崎の東国原知事と大阪の橋下知事を担ぐことです。党首は知事でも構わない。2人の人気に乗っかれば、60人くらいは当選できる。で、再び自公とくっつけば、政権維持が可能と読んでいるのです」



☆〔衆院選〕主役は民主党ではなく「東国原・橋下・藤川新党」か?
http://www.asyura2.com/08/senkyo56/msg/996.html
投稿者 スタン反戦 日時 2008 年 12 月 17 日



☆衆院選後は「東国原・橋下新党」と自公両党の連立政権か
http://www.asyura2.com/08/senkyo56/msg/993.html
投稿者 スタン反戦 日時 2008 年 12 月 17 日



NIKKATSU COLLECTION 野球狂の詩 HDリマスター版/木之内みどり[DVD]
posted by はなゆー at 04:04| Comment(3) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■橋下知事らが新グループ 支持政党表明へ−東国原宮崎県知事の動きはこの動きに関係している?
こんにちは。東国原知事の総裁出馬宣言で、全国的に話題が沸騰とていますね。私は、この動きは橋下大阪府知事の新グループ作成とおおいに関係あると思っています。結局彼らは、現在の自民党を改革して、自民党に対して応援できる体制を整えたいと考えているのだと思います。東国原知事は、これを推進するため身を挺してトリックスターの役割をかってでたのだと思います。この役割を、もし橋下知事など他の人がやったとしたら、反発が多く結果的には失敗したことでしょう。現在独身であり、もと芸人出身の東国原知事だから、うまくいくのです。ここに書いていると長くなりそうなので、詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2009年06月26日 09:33
「都雀」の噂でなくって、実質的な無党派層の感覚では、東中原の「総裁にして」発言は非常に人気がマイナスです。
生意気とか、何エラソウにとか、反発の方が圧倒的ですね。
幾分、てかカナリ、日本人特有の嫉妬心が影響してるかと。
にゃは!又しても読み違えちゃって…!
コレだから負けが込みだすと、坂の上から転げ落ちるような自民党…。
Posted by 田仁 at 2009年06月26日 11:17
御免なさい!誤字訂正します。
東国原が正解、東中原は誤りです。
ヒガシコクバルと入力しても、変換出来なくて。
ヒガシ・クニハラと打っていて、ナカハラとツイ間違って。
主旨は、例の発言って広い方面から否定的受け止め方されてます!と。
新党を今から結成しても、例えば自民党員を集団脱退した医師会とか、到底「民主党支持」から乗り換えてくれないでしょう。
固いトコは駄目で、しかも浮遊票からブーイングじゃ…。
Posted by 田仁 at 2009年06月26日 11:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「脳死」は「新鮮な臓器確保」が目的で生まれた新しい死の概念。免疫機能無視し、他者の死を前提とした治療というのは間違いだ。
Excerpt:  昔、パソコン通信の頃にも書いたことがあるのだが、運命として受け入れなければならない死というのはあると思います。  今回可決したA案では、「家族の同意」と「本人が生前に拒否できる」の二つの歯止めがあり..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2009-06-26 07:34