2009年07月05日

〔扇情型選挙〕後藤まい候補の「イメージ戦略」は優れている

☆都議選第一声、エロすぎる候補・後藤麻衣さん日の丸勝負パンツ宣言!? (内外タイムス)

http://netallica.yahoo.co.jp/news/84381

http://www.asyura2.com/09/senkyo66/msg/818.html

同陣営のイメージカラーは白と赤。ポスターや選挙カーなどすべてこの2色で統一している。選対関係者は「本人の希望で、選挙戦は国民の象徴である国旗カラーで臨ませてほしいと。ちなみに日の丸と同じマジェンタ100、イエロー100の金赤です。勝負服は白が軸ですね」と話す。

(略)

7日の七夕には、日本女性らしく浴衣姿で遊説するプランを検討している。



★これからの選挙は「見た目でインパクトを与えて、(サーカスを求め
る)B層有権者にアピールする」「男性B層有権者に強い影響力を持つ、スポーツ紙や夕刊紙を常に念頭に置いての“扇動型選挙”に持ち込む」という手法が台頭してくるように思われる。



《おまけ》

☆ウィキペディア「ナショナルカラー」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC

F1に参戦することになったホンダは、それまでなかった日本のナショナルカラーを決めることとなった。本田宗一郎は「黄金の国ジパング」にちなんで日本のナショナルカラーとしてゴールドを希望した。しかし、ゴールドは既に南アフリカのナショナルカラーであったので却下。そこでアイボリーを提案するがこれはドイツと見分けづらいということで日の丸を追加し「アイボリーに赤丸」が日本のナショナルカラーとなった。

前述の通り、現在は登録制度は存在しないので、今日においては白地に赤いアクセントをほどこすことで日本のナショナルカラーとすることが一般的である。



選挙
posted by はなゆー at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この、懐具合が凄くシビアな時に、お色気扇情とマスコミ・タイアップだけで当選はどうか判らないが、しかしソレが主要目的じゃないから、当選そのものはどうでもイイんですよ。
要は、争点隠しってか、浮遊票を食って当確ラインを下げるってか、マラソンの風避け役が主要目的なんで。
宗教右翼の為に。
Posted by 田仁 at 2009年07月05日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック