この記事へのコメント
覚えてられます?北朝鮮・イラン・中国が豚インフルエンザ流行の直前に「情報漏洩を警戒するっぽい米国人記者拘束」を相次いで遣った件。
アレは、イラン・中国に於いては、豚インフルエンザ裏事情の把握阻止でなく、イスラムがグリーンを割り当てられたカラー革命(成功迄はしないが、国の勢いを削ぐ程度)の前振りだったんじゃないかな…?
北朝鮮が記者拘束は一番早かったが、何か事が起きるのはコレから…、みたいな感じ?
韓国は何と言っても北朝鮮と一番近しい(言語的な部分が最もコノ場合は重要か。何らかの連絡を阻害したい意図か?)から、こんな入り組んだサイバー・アタックがあるのかも。
少なくとも、額面通りの可能性の他に、コッチ方面の場合も考えて置くべきでしょう。
Posted by 田仁 at 2009年07月08日 12:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック