この記事へのコメント
 私は、昨今の阿呆太郎内閣を巡る自民党の対応により「自民党関連の候補者は次回選挙で全員落選させるべきだ!」とまで考えています。そして、小泉ファンでもありません。

 しかし、この動画で進次郎氏を批判できますか?
私は、現場にいたわけではないですが、この動画を見る限り、進次郎氏の「地元挨拶回り」を民主党の「よこくめ」氏が妨害しているようにしかみえない。公平中立な立場で判断すれば、故意であれ、なんであれ「よこくめ」氏の方が批判されるべきだろう。この「よこくめ」氏の行為は、「仕事中の相手に対して強引に割り込んで握手を求めている」行為だから、「27歳で東大卒でしかも弁護士資格保有の苦労人」の経歴からすると明白に礼儀を失しているし、それこそ周囲の状況からみてもKYだったんじゃないでしょうか?映像を見る限り、進次郎氏が支持者らしき人達と話をしている最中に割って入って握手を求めている。どっちがおかしいか、よーく考えてみよう。

 それに、この映像を客観的に見る限り「よこくめ」氏の経歴(苦労人の東大卒の弁護士1年程度)、と進次郎氏の経歴(小泉Jrで世襲の典型、私立大卒留年経験ありのボンボン)という部分で比較しても、「どっちが見栄えするか」判断できないんだろうか?まあ、進次郎氏の横についてる爺さんの影響もあっただろうけど、「よこくめ」氏は、ほとんど「道化師」状態だろう。この映像をYouTubeに投稿したのがどちらの陣営かは知らないが、これを視て、進次郎氏に苦情が殺到するのがわからない。最近の自民党の死神博士(細田)の記者会見「国民のレベル発言」(即時撤回)については、少しだけ理解できる。

Posted by あほの坂田 at 2009年07月26日 18:22
何か、自民党系電波が飛んで来た様で、更なる自民大敗へのイザナイがイタいです。
動画は、地元自治会自民党員な爺さんの狭量さの他に、自民自己責任教小泉純一郎教祖の次男が(日本で育った癖に)父親の選挙に何ら関心を持って来なかった事実を、映しています。
選挙選の候補者ブッキングはヨクある事で、内心はさて置きエール交換が常識なのは昨日今日始まった習慣じゃありませんから。
横粂さんも大変で、恐らく自分からは挨拶したのにも拘わらず、後で意地悪婆さんみたいに「挨拶もしやがらなかった」と一方的ストーリーを捏造されるのが怖がったんでしょう。
実際、自民自己責任教小泉純一郎教祖の次男が行った自称「お詫び」は、自民党の「お詫び」を踏襲(フシュウでない)した形式の、一般社会の慣習では詫びとは受け止められない言い訳ですので。
デッチ上げ等はお手の物に違いありません。
Posted by 田仁 at 2009年07月26日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ん、大本営発表より巧妙・露骨なソフト洗脳の米FOX。日本マスゴミで見たよな既視感だが、いや日本の方が真似なんだろうネ。
Excerpt:  町山智浩さんについては、TBSラジオでアメリカからのレポートをよく聴いていて楽しみにしていました。その町山さんが紹介する日本では未公開の映画紹介です。 第12回未公開映画を観るTV、『OUT FOX..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2009-07-26 20:13