2009年08月19日

豚インフルエンザで大量の死者が発生した場合の火葬マニュアル

577 オニタビラコ
2009/08/16(日) 23:50:21.69 ID:z/WEJ97N

火葬場職員だが。
先日防護服?と骨入れ専用のドラム缶みたいな角箱が大量に入荷された。
極秘のバンテミック対策というか。
大量の死人が出たときを想定したマル秘マニュアルもあった。
あんまり詳しくは言えないけど。


1・職員は上席が死亡して判断がつかない場合は、特例として上席の判断なしで焼いてもいい。

1・保健所の火葬許可なく死体を焼いてもいい。

1・死体が大量に発生して数が追いつかないときは、身元不明の死体は一度に複数体焼いてもいい。(遺族がいたら十分配慮する)

パニックが発生して、衛生上必要と判断したら職員が勝手に焼いても罰しない方針だそうだ。




18 ロウバイ(関西地方) :2009/08/17(月) 00:35:40.06 ID:n5ane1+A

pdfファイル注意
http://www1.city.matsue.shimane.jp/anzen/bousai/swineflu.data/10kaso_itaihozon_manual.pdf




〔はてなブックマークの反応〕

●インフルエンザは死体から感染しないかもしれないけど、死体から感染する疫病もある。今でも火葬場は足りないぐらいなので、火葬場以外での火葬あるいは土葬が起きる可能性がある。死体遺棄にならんか心配だね。


●考えてみれば、人間の死体が集まる場所って危険だよな。



ペスト大流行
posted by はなゆー at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック