2009年09月07日

〔ガボン〕大統領選めぐり暴動、3人死亡

前月30日に実施されたアフリカ・ガボン大統領選挙の結果をめぐり、同国第2の都市ポールジャンティ(Port-Gentil)で暴動が起き、3人が死亡した事態を受けて同国政府は6日、暴動鎮圧のため非常権限を行使する意向を示した。

 ポールジャンティに向かう航空便の運航が中止されていること、同地が半島の港町であることから、住民はカヌーを使って避難している。

 暴動は3日、故オマル・ボンゴ・オンディンバ(Omar Bongo Ondimba)前大統領の長男のアリ・ボンゴ(Ali Bongo)氏(50)が大統領選での勝利宣言を行ったことから発生した。

 6日にポールジャンティを訪問したジャンフランソワ・ヌドング(Jean-Francois Ndongou)内相は、3人が死亡したことを確認した上で「軍の動員による死者は出ていない」と述べた。負傷者や逮捕者については言及しなかった。

 またヌドング内相は、すでに夜間外出禁止令が発令されているポールジャンティについて、政府が議会に対して非常権限を行使し、事実上の都市封鎖を行う可能性を示した。



ラベル:ガボン
posted by はなゆー at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック