2009年09月18日

〔写真〕鳩山首相の執務室(室蘭事務所)の特殊な祭祀方法

JR東室蘭駅近くの「はとやま会館」内にある

http://onsen.tumblr.com/post/190886964/yahoo

http://onsen.tumblr.com/post/190887463/yahoo

鳩山由紀夫首相の執務室。



神棚に張られているのは室蘭「中嶋神社(中島神社)」

http://www.hokkaidojinjacho.jp/data/12/12003.html

http://www.kaiun-goriyaku.com/01j-007.htm

のものであるが、通常は年始のみ神棚の中央に張り出す「徳大神」の文字を、神棚の左端に張っている。これとセットになっていて、通年で神棚の左右に張り出すことになっている恵比寿神と大黒天の肖像絵を張っていない。

要するに特殊な祭祀をしている。


床近くにある神社仏閣の「御札」に水や塩や供物が見当たらないことと、通常はタブーとされる「御札の重ね置き」をしている点も目に付く。



蘭たん亭カレーラーメン(1食入)
ラベル:鳩山由紀夫
posted by はなゆー at 19:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、ソレで特殊と迄は。
「徳大神」とは太歳様ですか?
なら土地神さんだから、真ん中に別の(恐らく先祖伝来の)神さんが来るというだけでしょう。
恵比寿神と大黒天は土地神さんに付随する山海の神さんです。
古いトコではお札は自然に重なります。
信心の有無とは又別に、集めて沢山信仰するとか色々と。
Posted by 田仁 at 2009年09月18日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック