2009年10月05日

【警戒せよ】小沢一郎氏を暗殺できる科学技術が既に存在する

☆ウィキペディア「小沢一郎」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E

5月9日の会見で、衆院本会議を欠席しがちな理由として「食後すぐに仕事にとりかからないなど、医者の忠告を守っている」と、自身の体調管理を理由に挙げたことに関し、「議会軽視だ」と各方面から厳しい批判を受けた。また、自身の健康状態を語ったことに対して様々な憶測が流れた。9月25日臨時党大会で正式に代表に再選された後、狭心症の発作の兆候を感じたため、都内の病院に検査入院した。10月5日に退院し、自身の動脈硬化が進んでいることを明らかにした。



☆人体へのハッキング攻撃:発達する「神経工学」とその危険性 (WIRED VISION NEWS)

http://wiredvision.jp/news/200908/2009080323.html

Kohno 氏らは、米国で260万人が使用している植え込み式除細動器(ICD、致命的な不整脈を止める医療機器)のセキュリティ上の危険性についても指摘している。例えばICDに一種のDoS攻撃をしかけて電池の寿命を縮めたり、機能を停止させることで殺人も可能という。




《おまけ》

☆小渕元首相「暗殺説」の点と線  殺された代議士は何を知っていた------!?
http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/905.html
投稿者 黄昏時のパルチザン兵士 日時 2007 年 9 月 10 日

こうした秘密主義から生じた疑惑は小渕首相暗殺説≠ノまで発展する。アメリカで医師となった人物は語る。

「診療経過を見ると自然に発症したようには見えないのですよ。問題は脳梗塞から出血性梗塞になった。つまり溶けた血の塊が血管細胞から漏れ出して止まらない状態になり、容態が急激に悪化した。こういう状態を見るとどうも人工的な薬が予め使われたのではないかと疑いたくなるものです」

この医師によればCIAが暗殺に用いるF≠ニいう薬が存在するという。このF≠ヘ確実に脳梗塞を引き起こす薬で、それが使用された可能性は否定できないと語った。



シリアナ 特別版(DVD) ◆20%OFF!
posted by はなゆー at 19:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
右翼系ブログはどうぞお好きに唇を寒がって貰って結構ですが、キーワード「ミニマムアクセス米」「コメの関税受け入れ」「WTO」から見て行きますと、現在進行形の『農協、農林族の影響力低下 進む脱「減反」(産経新聞)』(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091006-00000524-san-bus_all)まで行き着きます。
仮に暗殺説を採ると、アルコールで更に脳が壊れて情報駄々漏れになる前に、口封じするのは意義が有るか知れない。
今更言う迄も無い事ですが、犬の首紐に絆創膏でしょ?議員宿舎女性問題もありましたか?後、禿げ頭の人。
石破は余程汚いから長期間居座れたんでしょうね…?
で、技術はデルタ・フォース並みなんだけど、同期は日本国内の省庁を横断した所に有るみたい。
コメの関税は財務省の管轄でしょ?てか関税一般。
水面下で何が存在して…?
てか、石破は結局、防衛関係でも如何に不祥事を誤魔化して焼け太るかに尽力したと同様、如何にミニマムアクセス米の毒米を日本人に大量に食わせたかを誤魔化しつつ権力を掌握して省に民主苛めをさせたから長続きした。
となると、もっと規模が本当は凄いんですかねぇ?
実は、ヤバい大豆とか玉蜀黍とか小麦なんかも、もっともっと持っちゃってる?!??
一体、何なんだろうと思いますか?
Posted by 田仁 at 2009年10月06日 13:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック