この記事へのコメント
こういう汚い利権をワンサカ隠し持ってて、尚且つ普天間は微調整にしか応じないとか、対米依存を減らしたいとは何事とか、米政府高官だの大使だのが言った所で、寧ろ日本の反発を招く事は火を見るより明らかと思うが。
ソレでもフジサンケイや読売がCIAに篭絡されて米国軍に甘い目を見せようとする所為で、問題が長期化して大きくなり、如何にも我慢が出来なくなって本当に日本側がブチ切れたら修復不可能な迄に関係が悪化するだろう。
ギリギリまで我慢して掌返しが日本人の十八番ってか水戸のご老公の印籠ってか、兎に角「程々」で収める努力を怠るって事は敗戦や最近の総選挙みたいに180度急転換するって結果にならざるを得ないから。
ホントにマジで、普天間を硫黄島に持ってったら駄目なの?きっと60年前の死霊とソノ後の射撃訓練のDU弾が温かく迎えてくれる…。
Posted by 田仁 at 2009年10月19日 14:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック