2009年10月20日

産経新聞「世界が日本を尊敬する理由の一つが神風特攻隊」

☆元気のでる歴史人物講座(32) 大西瀧治朗 神風特攻隊が遺したもの (8月12日の産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090812/acd0908120739001-n1.htm

世界が日本を尊敬する理由の一つに神風特攻隊がある。敗れはしたものの世界の覇権を握る米英に対して敢然と立ち上がり、神風特攻まで行い、死戦死闘した日本民族の勇気と気概に、世界の人々は今も心の奥底で畏怖(いふ)と尊敬の念を抱き続けているのである。

posted by はなゆー at 05:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コレで元気が出る奴は右翼だけです…。
火病り過ぎるとソノ位の社会常識も無くなって恐い…。
(こんな国際常識、今更ながら皆さんお持ちを思いますが、普通「特攻ってアブノーマル!」と思われてて…、共感とか勇ましさを見てくれるのは、今、当時の日本みたいな国際的抑圧感に悩んでいるイスラム過激派の人達とかです。)
Posted by 田仁 at 2009年10月20日 13:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック