2009年10月21日

アフガニスタンから一時帰郷していた米兵が錯乱して自殺

15日間の休暇をもらって米国インディアナ州に帰っていたアフガニスタン配備の21歳の米兵1名が、10月12日に友人と出かけた映画館(18歳未満?は入場できない暴力的なコメディ映画「Zombieland」
http://www.youtube.com/watch?v=071KqJu7WVo
上映中)で突然ピストル自殺。


年齢確認をした映画館職員に「俺はアフガニスタンで18人を殺した。それでも年齢確認が必要か?」と突っかかったと言う。

友人は、自殺の兆候はなかったと証言した。



☆US soldier commits suicide in Indiana movie theater (World Socialist Web Site)

http://www.wsws.org/articles/2009/oct2009/suic-o20.shtml

http://www.backupurl.com/6y3a4b

When asked by the theater manager for identification proving the group was of age to see the movie, Sexton reportedly snapped at him, “I shot 18 people and you want to see my identification?”



ベトナム観光公社改版
posted by はなゆー at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック