2009年10月26日

〔メモ〕弱者にウケる「最弱者攻撃」

643 名前:無党派さん[]
投稿日:2009/10/26(月) 02:34:15 ID:Qe+RyrFN

◆弱者にウケる「最弱者攻撃」

雨宮:派遣村叩きのメイン層は、派遣村よりちょっと上の層だと思うんです。

飯田:ああ、そうですね。ぎりぎりまだアパートがある人とか。

(ネット右翼は、)
「上を見て暮らすな、下を見て暮らせ」で
下がいかにひどいかを言い連ねる。
そしてあいつらが下であるのは当然だ、という理屈を求める。

たとえば、アメリカでは、貧乏人の共和党支持者が多かったりする。
貧困ぎりぎりのところで踏みとどまっている人が、
共和党右派が大好きだったり。

なぜならば、もっと下のホームレスとか、ゲストハウスにいる人たちを
攻撃してくれるから。


雨宮:そういう分断政策のようなものに、ころっと引っかかってしまうんですね。

飯田:(共和党右派)は、弱者にウケる「最弱者攻撃」は、使えると、ということに気づいてしまったんですね。

(「脱貧困の経済学」飯田・雨宮より)



結局、貧乏人に富裕層を代弁する政党への支持を誘導するという分断戦略にころっと引っかからないためには、どうすればいいか。

飯田泰之がいっているように「働こうが、働くまいが、絶対にもらえる
所得水準というものをを決めてしまえばいい」ということに尽きると思う。



脱貧困の経済学
posted by はなゆー at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック