2009年10月26日

国会で自民党議員が「非人道的なヤジ」を飛ばして騒動

松浦大悟・参議院議員(民主党議員)のツイッターより。


http://twitter.com/GOGOdai5/status/5168433583
鳩山首相の所信表明演説。青森に遊説に行った際、息子が職に就けず自殺した年配の女性が、絶望の中で握手した手を離さなかったという話をされたのですが、自民党の議員から「そんなものどこにでもいるよ!」というヤジ。あまりに酷い。


http://twitter.com/GOGOdai5/status/5168480591
鳩山首相は、毎年3万人以上の方が自ら命を断たれているのに政治にはその実感が乏しかったのではないか。政治も行政も鈍感になっていることの異常を正さなくてはならないとおっしゃっていました。



ベトナム観光公社改版
ラベル:松浦大悟
posted by はなゆー at 17:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番皆が泣きそうになってる箇所でそんな、一番言ってはイケナイ事を、加害者の側であった旧万年政権与党が…。
もう、過激極右政党しか路が残されていないのではないか。
その方のケースが珍しくなくて類例が幾らでも有ることは、誰よりも国民がヨク知っている事です(泣)。
「演説は美辞麗句」云々と、理想論や美辞麗句すら言い得ないヒト達が論評しているのよりモット救いが無いでしょう。
Posted by 田仁 at 2009年10月26日 18:08
「美しい日本」には惰弱な国民はいてはいけないという事なのでしょう。
派遣村騒動での否定的な発言も、元を正せば「そんな困窮した連中がいるはずが無い。いやいないのだ」という否定ありきの発想から産まれた事はもはや明白でしょう。
面白い事にどうも自身や日本をさもマッチョの如く見せたい御仁達はどうも悲惨かつ閉塞に満ちた社会の現状よりも、自己の理想なり崇高な理念の肯定に勤しむように感じます。自民しかりネトウヨしかり産経しかり。
上記の集団は恐らく自らを卑下する事を忌み嫌うのかもしれませんが、それが過ぎるのか自らを省みることを否定的なのは頂けません。正直失礼な言い方ですが「馬鹿ですか?あなた達」と言うほか無いのが偽らざる感想なのです。
Posted by ふみたけ at 2009年10月26日 23:36
一体いつどこで「非人道的なヤジ」が飛んだのでしょう?

ちゃんと演説を聞いていればわかりますが

首相「私の手を離そうとしない、1人のおばあさんがいらっしゃいました」
ヤジ「そんなのどこにでもいる」「わはははは」首相「息子さんが〜」

というのが正しい流れです。

この流れですので「そんなのどこにでもいる」という言葉は「手を離そうとしないおばあさん」にかかります。
つまりそれこそよくあるただのヤジであり「非人道的なヤジ」ととるのはあまりに『自民に駆使の偏見に凝り固まった意見』でしかないかと思われます
Posted by 風棲 at 2009年10月29日 18:01
所信表明演説って、レジュメも配らずに只単に「当日の口頭だけ」でするモンなのかな?
このエピソードは、少なくとも私は所信表明演説の前から知ってた。
てか鳩山さん本人が総選挙の演説等でも度々口にして居た。
私は一般庶民なので、当日議場に居た議員の筈も無く、当然この件が所信表明に入ってるかどうかはラジオで中継を聞く瞬間迄知らなかったけど。
当日議場で寝てた森善朗とかは、レジュメを見て内容を知ってたので、故意にシカトする意味でワザと寝てたのではない訳かな?
でも事情通なら、前以て知らなくとも、キーワード「手を離さない」「お婆さん」でピンと来るべき。
最も好意的に見ても、勉強不足との非難は免れ得ない。
Posted by 田仁 at 2009年10月30日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック