2009年11月13日

〔豚インフルエンザ〕釧路で10歳男児が病死(全身から出血) 

http://twitter.com/noirmalice


厚生労働省発表 釧路の患者10歳 男児 8日 午後5時発熱 9日 午後5時 ICUへ移動 午後9時半 死亡 全身から出血が見られる。


裏づけにウクライナの件。豚インフルエンザに加えて、AN3N2、AN2N2およびグループB、少なくとも8種類のウィルスが広まっている。治療法はそれぞれ異なる。死者は213人に達した。


多分これ、播種性血管内凝固症候群だから、サイトカインストームの症状。


中国で報告されているインフルエンザの半分がH3N2。


厚生労働省から出た報道関係者に対する大本営発表 
【PDF】 
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/houdou/2009/11/dl/infuh1111-03.pdf



メディアコントロール


posted by はなゆー at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック