この記事へのコメント
そんで、ジェラルド・セレンテ予測では、最悪の形でドル崩壊した場合「各地に散った米国軍基地の軍人達は@もうソノ国の人になって仕舞う亡命ケースA米国軍人は物凄く憎まれて居て、まるで日本敗戦直後の「引き上げ」の様な苦難を歩んで(何割かは途中で亡くなりつつ)帰国するケース」等を想定して居ます。
日本に居る米国の軍人さんは武装解除に応じさえすれば、先ず絶対に命を狙われたり「米国へ帰れ帰れ!」と石を投げられたりとか無さそうなので、未だしもヨかったですね。
Posted by 田仁 at 2009年11月20日 14:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック