2009年11月20日

アフガニスタン援助の実態「巨額はどこへ消えるのか」 

☆アフガニスタン援助の実態:巨額はどこへ消えるのか 
(WIRED VISION NEWS)

http://wiredvision.jp/news/200911/2009112021.html

一方、New America FoundationのPeter Bergen氏とSameer Lalwani氏は、『New York Times』紙(電子版)10月2日(米国時間)付けの記事で、アフガニスタン政府に支払われた数十億ドルもの対外援助資金は、コンサルタントたちに払う給与や諸経費の形で、あっという間に、援助を行なった国に還流していると指摘している(PDF)。



☆Putting the ‘I’ in Aid (New York Times)

http://www.nytimes.com/2009/10/02/opinion/02bergen.html

They see legions of Westerners sitting in the backs of S.U.V.’s clogging the streets of Kabul and ask themselves what exactly those foreigners have done to improve their daily lives.



世界がドルを棄てた日
posted by はなゆー at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック