2009年11月26日

聖域「バチカン銀行」が巨額の資金洗浄に関与した疑惑 

イタリア司法当局は、ローマ法王庁(バチカン)の財政を握る宗教事業協会(IOR、通称バチカン銀行)がイタリアの民間銀行を通じて巨額の資金洗浄を行っていた疑いがあるとみて、本格的に捜査に乗り出すことを決めた。


☆「神の銀行」、巨額の資金洗浄疑惑 伊当局が本格捜査へ (朝日新聞)

http://www.asahi.com/international/update/1126/TKY200911260119.html

http://www.asyura2.com/09/kokusai4/msg/581.html


今後、バチカンにも捜査協力を要請する方針という。ただ、IOR

http://bit.ly/8cBf7c

http://en.wikipedia.org/wiki/Institute_for_Works_of_Religion

の実態はベールに包まれているうえ、市国は独立国家だけに、全容解明は困難との見方が強い。



《おまけ〜バチカン銀行を運営(Vatican Banker)していたポール・マーチンクス=Paul Marcinkus枢機卿(アメリカ人)
http://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Marcinkus
の死去(2006年)について》

http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/682.html

彼は1978年から1989年まで、バチカン銀行として知られる信仰の御業委員会(IOR)の責任者であった。そしてイタリアの私営銀行であるアンブロシアーノ銀行倒産のスキャンダルの後で、責任あるものと見なされてその地位を去った。



ゴッドファーザー Part 3≪デジタル・リストア版≫


posted by はなゆー at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。