この記事へのコメント
お金が関わる場所にはどんな処にも利権はあります
ツムラにも利権はあるでしょう
しかしもう一歩踏み込んで考えて下さい
ツムラを追い出せば得をする人達も居るのではないのですか?
その人達も利権で動いているのではないのですか
ツムラ漢方の医薬品としての妥当性というのは
相当時間をかけて専門的議論を重ねないと結論は出ないでしょう
したがって議論無しで切り捨てようとした
仕分けの結論は誤りです
私はこの件の裏にあるのは
利権のパイの争奪戦だと考えます
恐らく外資系製薬会社が
保険内での自分達のパイを増やそうと企んだんでしょう
Posted by 蘭光太郎 at 2009年12月01日 10:10
事業仕分けに前以て仕手戦の仕込みがあったとか、事業仕分けに業界規模の利権誘導があったとか、自民党の微温湯に慣れたシナリオ崇拝の一種。
チャケば議場仕分けは参考程度のモノに過ぎず、市場がソレに一喜一憂するのは市場自体の性質だし、業界規模の利権は残念ながら参考程度では動かない。
ま、金持ちほど渋ちんと言うか。
事業仕分け程度にキャピキャピ京雀が五月蝿いのは一寸、ズレてますね。
Posted by 田仁 at 2009年12月01日 14:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック