2009年12月05日

〔社民党延命策〕「普通のお姉さん系」候補者や応援弁士を養成しよう

本田ゆみ
http://twitter.com/honda_yumi/status/5951454326
幌延で起こっていることは、周到に複雑になっていてわかりづらいので、もっと広く伝えられるように勉強中です。



hiroishigule
http://twitter.com/ishigule/status/6336805682
本田ゆみさん,議員でも,党役員でもないのに,最近のツイッター界ではSDP(注:社民党)のスポークスマンになってる.すごいけど,少し気の毒・・・.

http://twitter.com/ishigule/status/6339277318
@honda_yumi 他人任せですが,近い,本当に近い将来,恒常的な『さゆみの会(仮)』の結成を夢見とります・・・.



koyuka
http://twitter.com/koyuka/status/6351355380
「本田ゆみ」さんの動画というのを見てみたら、やたらと普通のお姉さんだった……これが人気の秘訣か…




《備考〜芸能史に名を残した「ごく普通の、そこらへんにいるであろうお姉さん系」タレント》

☆ウィキペディア「石川秀美」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%A7%80%E7%BE%8E


☆ウィキペディア「おニャン子クラブ」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%B3%E5%AD%90%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96

結成当初は、『夕やけニャンニャン』番組内にて、司会を務めるお笑い芸人達の番組進行をアシストする立場であった。どこにでもいそうな素人レベルの女子高校生を中心に多数集めたグループ(初期メンバーだけを見ても、国生さゆりと名越美香、福永恵規、河合その子、内海和子、立見里歌、高井麻巳子は、既に高校を卒業しており、実際は女子高生だけのグループではなかった)は、それまでのアイドルとは異なる魅力で、当時の中高生男子の間に爆発的な人気をもたらした(この手法は、当時女子大生を中心に活動していたオールナイターズを女子高校生版にしたもの)。その人気は、当時の女子高校生ブームの中核ともなった。

必ずしも歌の上手い者やダンスの上手い者、美少女にはこだわらず、芸能人ではなくあくまで普通の女の子というコンセプトで、番組よりも学業を優先させるなど、その素人らしさと親近感が、放課後の女子校感覚や部活動感覚、バイト感覚、クラブ活動感覚をイメージさせ受けたとも言われる。

(略)

おニャン子クラブのメンバーは、基本的に芸能事務所に属さない一般素人を、毎週行われる番組内の簡単なオーディションで選出していた。オーディション合格後も、一部芸能事務所に所属していたメンバーを除いて、大部分のメンバーは、フジテレビ局預かりの芸能事務所無所属の正真正銘の素人集団であった。

posted by はなゆー at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック