2009年12月05日

「土屋たかゆき」都議が民主党から除名されたようである

http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/

都議会議員 土屋たかゆき
平成21年12月5日


12月5日、開催された、民主党都連常任幹事会で、私の「除名処分」が決定された。ところが、その理由は、

1:「出席要請」については理由が明示されているにもかかわらず、出席しなかった

2:処分の対象にはブログを含む

3:投稿テーマに「除名覚悟で」と記載されているので、処分を認識していたはずだ

4:個々の言辞を審査するのではなく、全体を審査して決める

5:手続きに関しては関連書類を送付してある


概ね以上の通り。


しかしながら、書面で、「出頭する理由」を明示してくれと要求した回答は、5の関連書類を送付してあると言う回答であった。その内容は、何と、党規約、倫理委員会規約をまるごと送付されたもので、およそ「資料」とは言えないものであった。

また、大河原委員長との電話でも、処分される構成要件を教えてくれと言う要請について、「私、そんな難しいこと分からない」と言うのが回答であった。

果たして、これが「出頭しなければならない」十分な説明と言えるであろうか。

また、処分の対象にブログを含むとあるが、ブログでは、「公約は正直に」と主張しているに過ぎず、そのどこに問題があるのか。正直な政策をマニフェストに掲載していない当事者こそ処分の対象と言えるのではないか。

更に、新聞広告などで「除名覚悟で」とあることから、除名処分することが正当である一因に挙げられているが、極めて陳腐な論理である。雑誌広告は広告であり、問題はその内容であるはずだ。内容を精査すれば、私が、マニフェストに革命的政策を意図的に脱落させ、街頭演説でも、候補者の公約でも全く触れられていない、つまり、国民を意図的に騙すと言ったら言い過ぎなら、国民の過誤を招来する手法であり、極めて、姑息であることは明白になる。であるから、内容の精査には踏み込まず、概略的な論評で「反党的」と解釈している。

これらは、自由な政策論議、民主党が真に市民の党に成長することを妨げる行為と言える。

従って、私は、今後、裁判闘争を通じて真実を国民の前に明らかにし、国民の判断をいただけるよう努力する。

多くの有権者が、民主党に期待したが、このような姑息で、悪辣な手法で、国民的議論のない外国人参政権、夫婦別姓、婚外子の実子との相続の同等、など予想もしていなかったことだ。

裁判は裁判として、民主党があくまでマニフェストにない革命法案をすすめるとするのなら、公開の場で、ディベートを申し込みたい。

市民が主役と言っていた政党であるのだから、是非、公開ディベートを行い、国民的議論を行おうではないか。



※ちなみに、私は、この処分について「ふざけるなサヨク」と思ってはいますが、何の疼痛も感じていませんので、ご安心下さい。
今後、革命法案阻止に全力を挙げ、裁判闘争にも全力を挙げ、大河原委員長を証人喚問、菅直人都連会長を証人喚問を勝ち取って行こうと思います。
それにしても、「公約は正直に」と言ってはいけないのでしょうか。
不思議な人種です。そうは思いませんか?



★ウィキペディア「土屋敬之」の項
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%B1%8B%E6%95%AC%E4%B9%8B
によると、土屋氏の好物は「バウムクーヘン」とのことである。



しっとり焼き上げた当店人気No.1スイーツ パティシエが上品に焼き上げたアンファン(メープル...
posted by はなゆー at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
J-CASTの平野貞夫さんが、「黙っちゃおれん!」に出た土屋議員のしゃべっている時に、ずーと耳掻きで耳掃除をしていたことが強い印象に残っています…。
https://www.j-cia.com/login.php?url=article.php%3Fa%3D5488
(ログイン必要ですが、無料で見れます。)

まぁ、除名した民主党議員たちもどうかと思いますが、(想像するに)平野さんにとっても、隣でしゃべっている男が、政治で人を動かして行くダイナミズムについて全く理解しない人間だなと態度で示したのでしょう。
(つまり除名する方、される方どっちもどっち)

これから民主党の批判で食って行く=寄生虫になるか、堂々と自論を展開して真っ当な政治家になるかが問われると思います。

しかしくだらない文句を言われて自ら辞めない腰抜け振りで、本当に依存しないで自論など展開して行けるのでしょうか、ねぇ…。
Posted by 通りすがり at 2009年12月05日 22:00
祝!土屋除名。
靖国原理主義カルト教義を信奉して、コレからのアジアの世紀に政権与党議員してられると思うのがソモソモの誤り!
精々、極右弱小野党の周りを泳いでろ!
悪は必ず滅び、正義は必ず勝つ!
Posted by 田仁 at 2009年12月06日 13:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック