2009年12月10日

〔補強資料〕最新の「きっこの日記」に出てきた英文記事の邦訳

「Not far from the Bolivian city of Santa Cruz lies the curiously out-of-place Japanese farming district of Colonia Okinawa. Many of those living there are descendants of Okinawan farmers, forced off their land – by bulldozers or at bayonet point – by American soldiers in the 1950s.」

「本土の遥か南方に位置する熱帯の島・沖縄を、日本は常に、自分より劣った遠い親戚のように扱ってきた。」


☆海外の報道は正反対 (きっこの日記)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20091210

‥‥そんなワケで、この「サンケイ新聞」の爆笑記事と正反対のことを書いてるのが、イギリスの「フィナンシャルタイムズ」だ。1ヶ月ほど前の記事になっちゃうけど、11月11日付の「Okinawa hovers at the negotiating table (交渉のテーブルの上で揺れ動く沖縄)」って記事は、普天間基地の問題を正確に伝えてる。

この記事は、まず、南米のボリビアにある「コロニア・オキナワ」っていう特別な地域について触れてるんだけど、ここは、敗戦後の沖縄を支配したアメリカ軍が、沖縄の一部の人たちから先祖代々の土地を奪い、沖縄から追い出し、強制的に移民させた場所だ。そして、異国の何もないジャングルだけの未開の地に放り出された沖縄の人たちは、その多くが餓死したり病死したりして、運良く生き残った人の子孫が暮らしてるこの場所のことを紹介してから、今回の普天間基地の問題へと流れてく。

冒頭では、沖縄の問題であるのにも関わらず、常に沖縄の人たちのことを無視して、ニポンの政府とアメリカの政府だけで沖縄問題を決めて来た経緯を批判してる。この問題は、二国間の政府だけが議論のテーブルにつくのではなく、沖縄の人たちもテーブルについてもらい、三者で話し合わなければならない問題だと断じてる。

         ↓

☆日米交渉のテーブル上に沖縄が揺らめく

(フィナンシャル・タイムズ 2009年11月11日初出 
翻訳gooニュース)

アジア編集長デビッド・ピリング

http://news.goo.ne.jp/article/ft/world/ft-20091113-01.html

http://www.asyura2.com/09/senkyo75/msg/797.html


南米ボリビアのサンタクルス市近くに「コロニア・オキナワ」

http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-entry-22.html

と呼ばれる地区がある。奇妙に場違いな、日本人移住者の農業地区だ。ここに住む多くは沖縄農民の子孫。1950年代に米軍にブルドーザーや銃剣をけしかけられ、故郷を追い立てられ、ここにやってきた。沖縄の土地を奪われ居場所を失った住民の多くは、ボリビアで新生活を始めるよう説得された。しかしようやくここにたどり着いた人々の前には、約束された豊かな大地などどこにもなかった。ジャングルに放り出されて打ち捨てられた入植者の多くは、飢えて死んだ。あるいはみたこともない病にかかって死んだ。コロニア・オキナワまでたどり着いたのは、ほんの幸運な一握り。今やこの農村は、ボリビア開発のモデル地区とまで見られている。


★なお「ひらがなタイムズ」によると

http://canpan.info/open/news/0000004497/news_detail.html

移住者たちには当初、一世帯あたり50ヘクタールほどの農地がボリビア政府から譲渡された。「入国してからも、川を下り、歩き続けてやっとたどり着いたのは農地ではなく原生林だったそうです。木々を伐採して、土を耕すところから生活は始まったと聞いています」とルシアノさんは語る。

当時の過酷な環境は、「うるま病」として語り継がれる原因不明の疫病を引き起こしたことからも明らかだ。沖縄からの最初の集団移民が猛暑と栄養不足のせいか、高熱をはじめとする症状に陥り、下は3歳から上は48歳までの合計15人が命を落とした。発祥地とは別の場所だが、今でも毎年、オキナワ移住地では犠牲者の慰霊祭が行われている。



カップヌードルカレーリフィル (詰め替え) (1箱8個入り)税込4,200円以上で【送料無料】
posted by はなゆー at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック