2009年12月22日

〔日本〕低所得層の拡大が「人種差別」肯定の呼び水に?

901 名前:無名の共和国人民 :09/12/22 14:44:53
ID:bSJu5h9r

あくまで私見ですが、若者の多くが(いわゆる非正規労働の)低賃金で働くことになり、 海外に行く機会がなくなってきていることが、多少影響しているのではないかと思っています。
(在特会シンパが若者ばかりだと言っているわけではありません。)

もしアメリカやヨーロッパに行けば、「東アジア人」であることを意識することになるし、あからさまな差別にもたまには出会うし、あからさまでないにしても、多少は差別を感じることもあるはず。

さらに、もし外国に住む機会があれば、先進国の多くでは、自分が差別主義者でないことをいろいろと示そうとしているのを見ることが多い。差別主義者と間違われないように大変気を遣っているのもわかる。

こういった機会を得ることなく、「日本人であることは素晴らしい」「日本を批判するのは反日」という考えの部分「だけ」を取り入れて、次々にそれを肯定する機会がネット上にあふれている。

若者にゆとりのある賃金を。労働法制の整備を。労働関連法の厳格な運用で長期休暇を。旅行でもいいから、外を見てきて欲しい。このままでは日本はどんどん内向きになってしまう。

posted by はなゆー at 17:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外旅行ですか‥叔母ヘルなら旦那の稼ぎあるから

韓国やら温泉三昧を
介護の安い賃金でもね

海外旅行か‥月30万は貰わないとさ
無理だべさ‥‥
Posted by 介護員 at 2009年12月22日 18:49
て言うか、今時「隣の外国人」の時代な訳で…。
町内に外国人が1人も居ないトコなんて、今の日本にあるの?
生活が余りに内向きなだけでは?
きっと、本当は居ますよ?
学校で今時は普通に外国人と席を並べない?
並べる筈ですけど!
無論、若者の賃金を上げるとか、ソレとは別にしなきゃいけないけど。
てか、名古屋じゃないが税金引き下げすら生温く、納税出来ない若者に職が無くてもベーシック・インカムで金を回さないと、景気は最早暖まらないとは思いますが…。
本来的に金を使う層の金を、当のロスト・ジェネレーションを犠牲にした大企業が溜め込んだので!
Posted by 田仁 at 2009年12月22日 22:25
>町内に外国人が1人も居ないトコなんて、今の日本にあるの?

ばかだこいつ
いくらでもあるだろ
Posted by aic at 2009年12月25日 01:10
>本来的に金を使う層の金を、当のロスト・ジェネレーションを犠牲にした大企業が溜め込んだので!

大企業だけでなく
おまえら労働貴族が持っていった税金のせいでもある
Posted by みずほ at 2009年12月25日 01:13
…。
如何に現実の社会へ無関心かと言う、典型例です。
今時はド田舎でも、寧ろ田舎好きな趣味人と言うか一寸変わった外国人が家を借りる(特に古民家!)時代。
隣近所との付き合いも無いと、そんな現実逃避な事をサラッと書いて仕舞うのだろうか…、恐ろしい!
現実と脳内世界の格差に苦しむのはシバシバこういうヒト達ですね。
小学校1年生の社会科で既に、世界の国々や人種の平等を初っ端の冒頭で習うのこそが現実なのに!
労働貴族と言う意味不明な造語のコメントも上に同じ。
恐らく、右翼漫画家のゴーマニズムや、靖国神社を核にした宗教右翼集団のカルト洗脳に罹患など、しているモノと思われます。
Posted by 田仁 at 2009年12月25日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック