2009年12月23日

〔英国〕ウィリアム王子が一晩ながらもホームレス(野宿)体験

チャールズ英皇太子の長男ウィリアム王子=
William Arthur Philip Louis Mountbatten-Windsor

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%BC

が、路上で一晩を過ごした。


☆英王子がホームレス体験=慈善事業の一環 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091223-00000022-jij-int

http://www.asyura2.com/09/kokusai4/msg/623.html

王子は「一晩だけではずっと路上で過ごす(大変な)状況を想像することさえできない」とした上で、貧困や麻薬、飲酒といったホームレスを生み出す根本的な問題に取り組んでいくことの重要性を訴えた。 


☆Prince William sleeps rough to help homeless (英国BBC動画ニュース)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/8427418.stm

Prince William has spent a night sleeping rough on the streets of London as part of his work supporting Centrepoint, a charity for the homeless.

The Prince said he could not imagine what it must be like for those who sleep rough night after night.

posted by はなゆー at 07:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主党大臣面々にも王子のつめの垢を煎じて飲んでもらいたい
Posted by はにわ at 2009年12月25日 01:04
自民党議員は寧ろ「共産党の手先!」とウィリアム王子を非難する立場だろう。
派遣村に対する態度や、審議拒否の姿勢を見ると!明らかに。
ソレはサテ置き、王子のダッドは「建築物の美観」フェチの余り、内閣にプリンス・オブ・ウェールズとして手紙を送って仕舞い、顰蹙を買っているが。
息子さんは亡き母親寄りの態度を取って仕舞って、ソレはソレで心配の種になるのではないか。
矢張り、ブルーブラッドとしては異色と見られて。
Posted by 田仁 at 2009年12月25日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック