2009年12月26日

空爆続くイエメンで政府批判者たちが武装蜂起を示唆

イエメン南部アビヤン州の港湾都市Jinzibar。イエメン政府が続けている一般市民を巻き込んだ反政府勢力への空爆に抗議する大規模集会。

「われわれは、メガホンを手にして、まず平和的な抗議から始める。しかしそれがイエメン政府に無視されるならば、イエメン政府の暴力に対しては、こちらも武器を持って立ち向かうこととなるだろう」との声明。


☆Separatists threaten Yemeni govt. with armed battle (イラン・プレステレビ)

http://www.presstv.ir/detail.aspx?id=114600§ionid=351020206

http://www.webcitation.org/5mIADfQ22

"We will provide weapons and megaphones to our supporters, and we will protest peacefully, or, failing that, we will confront the official violence," the witnesses quoted Fadhli, a strong supporter of independence in the South, as saying during a rally in Jinzibar.



今ウェブは退化中ですが、何か?
ラベル:イエメン
posted by はなゆー at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック