2010年01月14日

沖縄ひき逃げ事件で逮捕された米兵サイドが日本に反撃を開始

deepthroat
http://twitter.com/gloomynews/status/7710750378
沖縄県読谷村の死亡ひき逃げ事件で逮捕・拘留中の米陸軍二等軍曹の家族がミシシッピ州のPR企業を雇い報道監査を開始。「容疑はひき逃げではなく遺棄致死」と報道訂正を要求。米スターズ&ストライプス報道。


http://twitter.com/gloomynews/status/7711203929
前述の轢き逃げ事件容疑者米兵の父親のコメント:「米国市民が母国で得るのと同様の権利を自国市民に与えない外国の地に居る息子が心配だ」米国人が自国で得られるのと同様の権利を自国市民に与えられない先進国・日本ですと!
ではすぐに日米地位協定を破棄して沖縄県民に米軍基地兵士と同じ権利を!

             ↓

☆Family of soldier accused in Okinawan’s death hires PR firm (米軍の準機関紙Stars and Stripes)

http://www.stripes.com/article.asp?section=104&article=67195

“The family is concerned that his rights are not being protected,” Guice said. “His father said he was very concerned about his son being in a foreign land dealing with a government that does not offer the same rights to its citizens as we do in the U.S.”

Gunn’s father visited Okinawa after the incident and met with Takaesu and Army officials. He is set to return to the island in the next few days to support his son, Guice said.



冬の兵士
posted by はなゆー at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック