2010年02月01日

まもなく失脚する小沢一郎氏と「ヤン・フス」の相似点

857 名前:中国新聞男 ◆.rJAKvns6g [sage]
投稿日:2010/02/01(月) 21:25:12 ID:n7ByOWxS

いま、フス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%B9
という宗教思想者のことを描いた物語を読んでいました。


フスは異端とされて火刑に処せられたあと、その遺灰、着衣、火刑台の下の土くれに至るまで、跡形もなく、きれいさっぱりとライン川に流されて消えたそうです。

既得権益である教会の妄執がそうさせたのですが、
検察の小沢に対する憎しみは、それを思わせるものがあります。



宗教改革著作集(第1巻)


posted by はなゆー at 22:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えー。
もっと、簡単な説明は「自民党の埋め込み検事」では?
下野前から、極右思想に自主的に染まった検事ばかり、故意に埋め込みしたらしいです。
日野検事とか、石川議員の秘書な、零歳児の母親を不当長時間拘束して。
検事自身が寧ろ告発団体を操る「高級右翼」じゃ、どうにも救われない…。
水商売男性に嵌められた朝青龍も、文科省経由の自民党スポーツ族長老が「相撲利権掌握」する為に、お調子者で操り易い(と思われてる)「貴乃花親方埋め込み作戦」の踏み台では?
貴乃花親方は安倍晋三よりKYと思うけど。
人事の埋め込みは自民党お得意の「陰謀のセオリー」…
Posted by 田仁 at 2010年02月02日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。