2010年02月02日

昨年のガザ攻撃でイスラエル軍が「白リン弾」を使用したことを認めた

☆イスラエル軍が白リン弾使用で処分 (壊れる前に)

http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-ccd5.html

人口密集地での焼夷兵器の使用は国際法で禁じられていますが、イスラエルはこれまで独自の調査の結果として、民間人の多いところで白リン弾を用いた事実はないと主張してきました。今回、昨年秋に国連がまとめたゴールドストーン報告書
http://www2.ohchr.org/english/bodies/hrcouncil/specialsession/9/FactFindingMission.htm
で出された疑義に対する回答として、はじめて国際法に抵触する戦争犯罪行為があったことを認めたことになります。

         ↓

☆IDF denies disciplining top officers over white phosphorous use in Gaza war (イスラエルの英字紙「ハーレツ」。なおIFブラウザとの相性が悪いので注意)

http://www.haaretz.com/hasen/spages/1146638.html

The Israel Defense Forces on Monday denied that two of its senior officers had been summoned for disciplinary action after headquarters staff found that the men exceeded their authority in approving the use of phosphorus shells during last year's military campaign in the Gaza Strip, as the Israeli government wrote in a recent report.

In an official response provided to the United Nations over the weekend in response to last September's Goldstone Commission report, the government said that a brigadier general and another officer with the rank of colonel endangered human life during by firing white phosphorous munitions in the direction of a compound run by UNRWA, the United Nations Relief and Works Agency.



戦争プロパガンダ10の法則
posted by はなゆー at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック