2010年02月02日

〔偶然の一致〕日本の政治家が米国を批判すると疑惑が浮上する

kirishima.Y
http://twitter.com/tiarareiko/status/8520910358

米国を批判すると疑惑が発覚する。02年1月田中真紀子外務相が約5兆円のMD購入に反対して、大臣更迭、秘書給与不正疑惑。06年末久間章生防衛大臣イラク戦争批判し、秘書給与不正・違法献金疑惑。09年アフガン米軍増派反対し、違法献金疑惑、後の陸山会問題。


《おまけ》

☆“平成のロッキード事件” 防衛省汚職事件(論談・記者倶楽部)
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/473.html
投稿者 スタン反戦 日時 2007 年 11 月 21 日

平成19年11月21日

「疑惑の政治家はT」という情報が太平洋を越えて日本にもたらされたといわれたロッキード事件だが、“平成のロッキード事件” 防衛省汚職事件も、アメリカから政治家のイニシャルが“発信”されている。

「国内では、久間章生、額賀福志郎が捜査線上にあがっているが、太平洋のむこうから飛んできたイニシャルは 『O』。まさか、小沢一郎のことではないと思うのだが・・・・」(政治部幹部)



田中角栄失脚


posted by はなゆー at 10:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一連の事件で一番最近では日歯疑惑の結果が、回り回って弱者にツケが回ると、障害で貧乏揺すりが止められないタイプの脳性麻痺の人とか、ホンの虫歯一本で首都圏に一週間滞在しないと駄目で、地元県庁所在地には全身麻酔しか施設が無くなって仕舞う!と署名活動しなきゃいけなくなる、福祉の貧困。
最終的に必ず、日本の弱者にツケが回る様に、漏れ無く、なってます…!
Posted by 田仁 at 2010年02月02日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。