2010年02月04日

東京地検特捜部は脱税容疑で小沢幹事長の捜査を続行、逮捕目指す

☆特捜部、小沢捜査続行 国税当局とタッグで“リベンジ”へ (ZAKZAK)

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100204/dms1002041233001-n2.htm

http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/516.html

自民党時代、小沢氏の後見人だった金丸信元副総裁は1993年、特捜部と国税当局による潜行捜査で、億単位の不正蓄財を発見され、脱税事件として摘発されている。特捜部はこの再現でも狙っているのか。



ラベル:小沢一郎
posted by はなゆー at 13:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小沢一郎の不起訴とゆうちょ銀の米国債運用との関係
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2016.html
Posted by nekonekoneko at 2010年02月05日 15:24
「ゆうちょ銀の資金、米国債で運用も 亀井大臣が見解」(朝日)
http://www.asahi.com/business/update/0204/TKY201002030498.html

「ゆうちょ銀、米国債なども運用可能 亀井氏」(産経)
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100203/fnc1002031205009-n1.htm
>亀井氏は「米国は資金不足で困難な状況にある。われわれが米国を支援するのは当然だ」とも述べた。

完全にアメリカのポチです。

亀井静香は元警察官僚であり、「取り調べの全面可視化」にも反対しています。
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1041.html
ますます怪しい人物です。
Posted by nekonekoneko at 2010年02月06日 07:32
米国はドルのスワップ協定を外し、中国が国力量り、即ちイワユル「鼎の軽重を問う」を遣ってます。
米国は日本の時の伝で「もっと国債買え」ツンデレ作戦ですが、中国は如何する?!って局面です。
米国は北朝鮮に5月迄に6者復帰を!と言ってますが、或いはもしやドルのデノミが6月以降か?!
米国の大国意識が抜けない内は、色々と試練が襲う事になるんでしょうよ?
コレからの事態の急転に、着いて行けないと左右共に振り落とされますよ?
Posted by 田仁 at 2010年02月06日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。