2010年02月05日

東京地検特捜部が「週刊朝日」編集長への出頭要求を取り下げていた

岩上安身(フリーランスのジャーナリスト)
http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8670606994
ちょっと慎重に情報確認していたのですが、間違いないようなので、出します。すでにお伝えしている通り、週刊朝日編集部に、水曜日午前中に、東京地検から抗議文書が届いたこと、山口編集長に「出頭」の要請があったことは間違いありません。


http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8670687245
「出頭」という言葉をめぐって、いろいろご意見があるようですが、検察が、どんなに丁寧に「お越し願いたい」と言おうと、「面会したい」と言おうと、呼び出すことは「出頭」です。この「出頭要請」の事実が、あたかもなかったかのように、朝日新聞社が、装ったのも事実です。


http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8670825478
ですが、昨日(2月4日木曜日)、おそらくは国民からの抗議が大きかったせいでしょう、東京地検側が、出頭要請を延期する旨、同誌編集部に連絡してきたそうです。東京地検の谷川恒太次席検事の決断だそうです。すぐに流さなかったのは、本日、どうなるかわからなかったため。



〔2ちゃんねるの反応〕

860 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/02/05(金) 18:44:43 ID:lC3l6XYi

ツイッターの勝利だな

編集長としては残念だろうがw



861 名前:大分者 ◆GVjPtgkKao [sage]
投稿日:2010/02/05(金) 18:45:20 ID:gBKI7nIF

上杉隆さんの記事、読んでいただけましたか?検察がいよいよ青年将校化してきたように感じます。

編集部へもさまざまなルートでプレッシャーがかかるようになってきました。

味方はあまりいません。「日刊ゲンダイ」くらいでしょうか(爆)。

毎週、胃が痛む思いです。しかし、世の中がひとつの方向に流れそうなとき、あえて別の視点を提供するのが週刊誌の役割だと思っています。

読者の支持がある限り、大本営発表に抗する誌面をつくっていくつもりです。引き続きのご支援を、

よろしくお願いいたします。

週刊朝日 山口編集長 「編集後記」より



862 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/02/05(金) 18:45:30 ID:hqCWVxoe

東京地検も根性ない。客を楽しませる芸人根性はどこ行った。



863 名前:サンフレッチェ男 ◆jWkaDJV846 [sage]
投稿日:2010/02/05(金) 18:46:07 ID:0wsp0tZ3

これは、東京地検の、大チョンボですな!



つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?
ラベル:岩上安身
posted by はなゆー at 18:58| Comment(3) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何と楽観的な!
「>延期」とあるのがミソ。
一般人の集中力が途切れた時点で、コッテリ絞って来るべき5・6月に繋げる!息の長い計画。
次は、朝日新聞のみならず週刊朝日も寝返らせ、民主党の味方を殺いで、米国に丸々郵貯を捧げ尽くす算段ヨ!
ゴッド・ブレス・アメリカ!
Posted by 田仁 at 2010年02月05日 19:37
検察の青年将校化に基本同意しますが、青年将校ではまだ中身のある存在のようにも受け取れかねないので、私は青二才将校軍(シンドローム)と呼称することにしています。
Posted by tako1463 at 2010年02月06日 13:50
確かに!
頭に「青年」とつくと、若いイメージになっちゃいます。
ツイデに「頭の中身が!」と指摘するとイイかも知れません???
Posted by 田仁 at 2010年02月06日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

壁は崩れ始めた(1)
Excerpt: 小沢一郎不起訴についてはすでに多くのブログで言及され、twitter上でも議論さ
Weblog: 誰も通らない裏道
Tracked: 2010-02-06 14:37