2010年02月07日

一昨年の法改正は「小沢一郎氏を叩く」ことのみが目的だった?

☆政治団体による不動産所有を考える。 (地獄への階段)

http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/12072000.html

所詮、小沢一郎を攻撃する目的だけの法改正だったということです。それゆえ資金管理団体だけ禁止するという頓珍漢な法改正になったのだと私は思います。

法律を変えてまで、小沢一郎を攻撃する与党自民党・・・権力闘争とは恐ろしいものですネ。



☆しつこく、本当に4億円の不記載なんだろうか? (戸倉多香子氏のブログ)

http://ttokura.exblog.jp/12108592/

ここからは、立法の場で政治資金規正法の改正に現場でかかわってきた者としてのつぶやき。そもそも「規制」法ではなく、「規正」法。政治資金そのものを規制するのではなく、政治資金の自由を確保しつつ、収支を公開することで、衆人環視の下で政治がゆがめられることのないようにするのが立法の趣旨。
2:00 PM Feb 4th from web

今回、石川議員は、土地購入にあたり小沢さんの個人資金で資金繰りをつけたことを収支報告書に記載しなかったとして逮捕、起訴されたわけだが、それ自体が、検察による超法規的解釈ではないか。
2:42 PM Feb 4th from web

政治資金規正法は、すべての「寄付」を記載することを義務づけているが、検察の言うようにすべての「入出金」を記載することを義務づけてはいない。「借入金」は、政治資金規正法4条の定義でいう「財産上の利益供与」ではないので「寄付」ではない。規正法上は政治団体の保有資産等報告に書けばいい。
2:52 PM Feb 4th from web

「入出金」は、政治団体の帳簿に記載することが義務付けられているが、収支報告書には、寄付のみを抜き出して記載する。そこには違いがあるのは当然で、そこまで公表すると政治活動の自由が損なわれるという与野党の暗黙の了解の下で、政治資金規正法は運用されてきた。検察は今回、その一線を越えた。
2:59 PM Feb 4th from web

「入出金」をすべて収支報告書に記載しないと現職国会議員でも逮捕、起訴するという検察の方針は、明らかに政治資金規正法の「立法の趣旨」を逸脱したものだ。検察の言うとおりなら、政治団体の会計帳簿自体の公開を義務付ければいいのであって、わざわざ収支報告書を作って公開する意味はない。
3:06 PM Feb 4th from web

相続税対策だと自民党で騒いでいるのがいたが、税法を知らなすぎ。個人資産を不動産に換えて政治団体に積んでも、相続税の「みなし課税」の対象になります。政治団体のような「法人格のない社団」は、非課税にはならないと相続税法に書いてあります。
3:25 PM Feb 4th from web

早い話が、政治資金規正法上記載が義務付けられていない「資金繰り」に関する記載をしていなかったから罪に問うというのは大間違いで、検察権力の不当な行使だということ。検察審査会は、決然として石川議員の事件は、「起訴不当」という鉄槌を下し、検察に猛省を促すべきだ。
5:34 PM Feb 4th from web




《蛇足》

☆ウィキペディア「アストロ球団」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E7%90%83%E5%9B%A3

氏家慎次郎(うじいえ・しんじろう。元ヘンリー佐多):5番・投手

元特攻隊員。特攻予定の昭和20年8月15日に終戦。終戦後渡米し、死にそこなった虚しさをビーンボールに託し大リーグのナショナル・リーグにおいてヘンリー佐多の名前でビーンボールを駆使し、一大旋風を巻き起こした。刑務所に服役後、ビクトリーに加わる。数々のビーンボール魔球を駆使してアストロを苦しめる。

posted by はなゆー at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小沢が資金関係で犯罪を犯していないはずが無いだろうが
地元の人ならみんな知ってるよ

田中角栄のやり方を受け継ぐ生粋の○○○だぜ?

なせ不起訴になるのか判らない。

家族の安全について恫喝されたのだろうか?
捜査員や検察の皆さんの身の安全が心配です
Posted by 債務超過 at 2010年02月08日 20:43
チャンネル桜や在特会や日護会が告発するのだから、きっと小沢一郎は無罪なんでしょう。
チャンネル桜や在特会や日護会が俄かに結成した怪しげな(傍からはチンピラとしか見えない)団体が、告発した自称市民団体である事実は、小沢一郎に幸運を齎しました。
チャンネル桜や在特会や日護会が持つ、彼等自身の凶運を舐めてはいけません。
チャンネル桜や在特会や日護会に、憑かれて没落しない組織はコノ世には存在しません。
もしかして、警視庁警備局公安課がチャンネル桜や在特会や日護会とは縁を切ったのなら、幾分救いもありますが。
救い様の無い部長を頂く、東京地検特捜部は如何するのやら。
因みに、自民党はチャンネル桜や在特会や日護会とベッタリなので、もう御仕舞いです。
Posted by 田仁 at 2010年02月09日 18:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック