2010年02月08日

参院選直前に「河野太郎・新総裁」で奇襲なら自民党逆転勝利も?

177 名前:生の声 ◆cc3RB/STnCwU []
投稿日:2010/02/07(日) 19:27:10 0

●読売新聞・朝日新聞・新報道2001世論調査について

・不支持層増加分の大半が、内閣実行力不支持率(鳩山不信)に転化している。

・しかしそれが自民党への支持に転化されていない。(読売の非自民不支持率、報道2001の野党支持率の伸び悩み)

・政策への支持は減少傾向にあるが、これはマニフェストが実行されないで、他のことで騒いでいることへの怒りである。

・自民党に、中身が何もないことがバレて、それが国民の間に定着しつつある。
(みんなの党支持層が世論調査に出るようになったこと、読売調査の、「非自民だから民主支持層」が、支持率に関わらず変動がないこと)


結論

・民主党は、「政権交代してここが変わった」というのをセレモニーでもいいので、国民にアピールする必要がある。
事業仕分けで支持率が踏みとどまったように、国民は「政権交代」の、実感を感じたいと思っている。
普天間の問題と石川が辞職できない(補選の関係)は、非常に問題である。暗いイメージしかない。


・自民党は、1日でも早く執行部が総退陣し、新政策、新機軸を打ち出し、2大政党の一翼として、国民にアピールすべきである。

・参議院選挙は、民主党が勝利する可能性が高いが、あぐらをかいていると、突然、自民党執行部総退陣の奇襲を食らう可能性が
あり、そこに落とし穴がある。



兵法三十六計〔新装新版〕


posted by はなゆー at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。