2010年02月11日

〔普天間〕オバマ大統領へのネット直訴開始「辺野古に基地は不要」

在米邦人のブログより。重大な内容なので丸写しさせてもらった。

          ↓

普天間問題:日本の有権者の意思を尊重するよう連邦政府に求める

http://sankenbunritsu.vox.com/library/post/100210.html


アメリカの外交方針を、もっと世界各国にとって公平なものにすべく活動しているシンク・タンク、Just Foreign Policy(ジャスト・フォーリン・ポリシー)が、普天間基地問題で、キャンペーンを開始している。

(そのキャンペーンに先立って Just Foreign PolicyのディレクターRobert Naimanが、意見文

http://www.huffingtonpost.com/robert-naiman/save-democracy-in-japan_b_456872.html

を書いている。要約すると、大体こんな感じである: 
日本の民主党は、普天間基地を沖縄の外に移すことを選挙公約とし、選挙に勝利した。日本の有権者は「沖縄に普天間基地はいらない」と断言したわけである。それなのに連邦政府は、日本の新政権をいじめ、その公約を破れ、と圧力を掛けている。アメリカがもし民主主義を重んじるならば、日本の有権者の意思を尊重するべきである。)

さてこのキャンペーンとは、日本の民主主義を尊重するよう求めるメッセージを、オバマ大統領及び連邦議員たちに送るもの。アメリカにお住まいの方は、是非是非このキャンペーン

http://salsa.democracyinaction.org/o/1439/p/dia/action/public/?action_KEY=2237

に参加してください。そしてお友達にも参加するよう呼び掛けてください。お願いします。

       ↓

Respect Democracy in Japan

Voters in Japan have spoken. They don't want the Futenma US military base in Okinawa. But instead of respecting the will of the majority of Japanese voters, US officials have tried to bully the newly elected reformist Japanese government into reneging on its election promise to remove the US military base from Okinawa.

Join us in urging President Obama and Congress to respect democracy in Japan by using the form below.



エーリッヒ・フロム



posted by はなゆー at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。