この記事へのコメント
ねー。
怖いでしょう。
アフガニスタンで戦争すると、男だと誰でも軍事的素養があるからね…。
勿論、女も手出しはしないけど、軍事的な意味とか理解してるしね…。
だから、アソコの国は世界の七つの海を股にかけた大英帝国も、ユーラシアの超大国ソ連邦も、実質的に葬って来て。
だから、手出ししなければ良かったのに!米国も。
又してもアフガニスタンは、世界の大国を一国、敗退させ衰退させる事になる…。
Posted by 田仁 at 2010年02月16日 17:13
田仁さん。ソ連撃退はいろんな国が援助をしてようやく出来たことです。今のタリバンは支援してくれる国は聞きません。中国が武器を売ったり、反米基地外の金持ちが支援したり、税金つくって取ったり、麻薬でもうけたりでなんとかしてます。アメリカはソ連とは違ったやり方でやってます。ゲリラ戦も勉強したりとかしてるので早々撃退できません。
あと、タリバンはアルカイダをかくまった罪とその後のテロのしまくりでアメリカから死刑宣告を受けているので許されることはないでしょう。
最後に一言。タリバンはイスラムのガン細胞と呼ばれるほどのカルトっぷりです。
Posted by asd at 2010年02月18日 12:57
タリバンは日本で言えば(ピンきり)「幕末の志士」だよ。
本質はアフガンの民族運動であり、米国の意向に関係無く、現状の苦境に於いてアフガニスタンが存続する限り生き続ける。
余り熱心に米国のキリスト教原理主義に入れ込まない方が、平静な眼を保てる。
現状、世界のカルトの双璧がイスラム教とキリスト教にあるが、ソレはW.W.T以来の確執に因り、キリスト教界の側から働き掛けて生じた。
もう少し世界史を勉強したら如何だろうね?
Posted by 田仁 at 2010年02月18日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック