2010年02月19日

佐久間特捜部長は三谷内閣情報官の在米日本大使館時代の先輩?

「三谷(秀史)氏は、警備・公安畑を歩み、外務省や防衛庁に出向経験がある。森喜朗首相の秘書官を務め、政界・官界に顔が広い。」



☆首相動静(2月18日) (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000000-jij-pol

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak35/msg/331.html

午後4時10分、三谷秀史内閣情報官、下平幸二防衛省情報本部長が入った。同26分、下平氏が出た。同46分、三谷氏が出た。



http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/kanbu/2006/mitani.html

三谷秀史(みたに・ひでし)

昭和61年 2月 在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官

平成6年 9月 防衛庁防衛局調査第1課長
平成9年 1月 防衛庁防衛局調査課長(組織改正)

平成12年4月 内閣総理大臣秘書官

平成18年4月 内閣情報官




☆「いい事件やりたい」 (2008年7月14日の大分合同新聞)

https://www.oita-press.co.jp/worldSociety/2008/07/2008071401000660.html

http://www.asyura2.com/09/lunchbreak31/msg/365.html

14日付で東京地検特捜部長に就任した佐久間達哉氏(51)は同日、東京・霞が関の法務・検察合同庁舎で記者会見し、「悔いのないよう、いい事件をやっていきたい」と抱負を述べた。

特捜部勤務は1年半ぶりで、通算4回目。

(略)

佐久間氏は横浜市出身。1983年に任官し、在米日本大使館1等書記官、法務省刑事課長、東京地検特捜部副部長、同地検総務部長などを歴任した。



☆小沢一郎はなぜ狙われる (日刊ゲンダイ2009年11月24日掲載)

http://www.asyura2.com/09/lunchbreak31/msg/366.html

立件する気もないのに、なぜ「小沢スキャンダル」が相次いでリークされているのか。政界の裏側では、不穏な情報が流れている。ズバリ、政・官・財プラス米国の闇勢力が民主党政権潰しに動き出したというのだ。




☆佐久間特捜部長は、三谷秀史内閣情報官の在米日本大使館の先輩 (tobira0810のブログ)

http://blog.livedoor.jp/tobira0810/archives/933204.html

特捜部長の佐久間達哉。

1983年以降に、在米日本大使館員。
佐久間氏は横浜市出身。1983年(昭和58)に任官し、在米日本大使館1等書記官、法務省刑事課長、東京地検特捜部副部長、同地検総務部長などを歴任した。

*一等書記官の任期は、ほぼ3年らしいから、特捜部長の佐久間は、三谷情報官の先輩に当たる。在米日本大使館の同じ職を、佐久間から三谷は引き継いだ。

三谷は、森キローの秘書官だったのであり、安倍以来ー福田ー麻生ー鳩山、とまだ居残っている。

三谷が、森(清和会)と通じているとすれば、当然小泉にも通じており、安倍ともツーカーということになる。鳩山は、三谷の首を切らず、残存させた。

(略)

三谷は、おそらく先輩の佐久間特捜部長とは通じているであろう。ならば、どっちが先か、どっちが指令の発信元か知らないが、この陸山会の事件に関して、この捜査を指図しているのは、小泉だとか安倍だとか、詮索されているのも無理からぬところがある。

なぜって、清和会の筋でしょう?では、やはり、米国の遠い指図があった可能性がある。なにしろ、発端の西松建設事件だって、もとはといえば、外為法違反であり、これは元国際情報局長が米国の介在の可能性を示唆している。

もっと、邪推を発展させれば、鳩山首相の贈与疑惑が立件されなかったのも、三谷がいたためではないか。自己保存と獅子身中の虫の継続ために。恩を売った、ということ。

また、検察裏金疑惑を捜査しないことを閣議決定したのも、この見返りではないか。原口大臣が進言した、検察裏金捜査の再開も握りつぶし、さらに公務員降格人事法も先送りされた。これも、小沢不起訴に関しての取引だった可能性が残る。つまり、検察人事不介入ということの。



☆内調トップ、福田首相に最終盤情勢を報告 (2008年4月24日の「下町の太陽」)

http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/56e1178cc2769d8e3294b932bc7f1d0b

 “内調”トップの三谷秀史・内閣情報官(写真)は首相官邸で福田康夫首相に会い、衆院統一補欠選挙の最終盤情勢を報告しました。

 内外情勢の「ブリーフィング」は午後6時30分から15分間でした。

 内調こと内閣情報調査室は山口県警、警視庁ほか全国の公安警察のほか、報道機関の情報などを総合して、山口2区の勝敗を判定。
 情報官が首相に伝えた内容をここで書き記すわけにはいきませんが、補選の場合は、95%以上的中します。
 「数百票差の僅差」という報告も含めれば、的中率は99%になるでしょう。

 ですから、今夕のぶら下がり以降の福田首相の発言は、日曜日の選挙結果を事前に把握した上での発言になります。

 三谷情報官のブリーフィングの後の福田首相と記者とのやりとり

Q.「民主党が2009年度に道路財源の一般財源化を法案化することを検討しているが?」
A.「法案化しようが何しようが前向きのことであれば、わたしはいいと思いますよ」。

 まだ、映像は見ていませんが、表情の変化に注目したいところです。

 付け加えると、こうやって警察が自民党に情報を提供するから、補選は与党が強い傾向があるのです。これが積み重なって、自民党の53年長期独裁政権が成り立っているのです。国民はこういったことにあまりにも無知です。「民主党は頼りない」と言う人がいますが、情報量は政府・自民党の10分の1の中で闘っているんですよ。「民主党は頼りない」と言う国民は、自民党議員から「日本はバカが多くて楽だね」と涼しい顔で言われているもしれませんよ。これ本当です。


[三谷秀史内閣情報官の経歴]

昭和49年警察庁入省
米国大使館一等書記官、警察庁公安第一課理事官、大阪府警警備部長、防衛庁調査課長、岡山県警本部長、警察庁警備局課長、森喜朗首相秘書官、千葉県警本部長、警察庁外事情報部長から官邸入りし、内調トップの内閣情報官となった。
森首相秘書官時代に通信社記者を平手打ちにし、土下座して謝った。(この件に関しては、双方に同情論があり、けんか両成敗論もある)。 




《鬼才「カマヤン」氏のブログより》

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060909#1157740160

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060330#1143725406

〔安倍晋三が抜擢した〕三谷氏は、警備・公安畑を歩み、外務省や防衛庁に出向経験がある。森喜朗首相の秘書官を務め、政界・官界に顔が広い。ただ、「やや酒癖が悪い」との評もあり、森政権末期に共同通信政治部記者を平手打ちし、謝罪する“事件”も起こした。〔略〕

三谷秀史と、共同通信・朝日新聞は、佐賀県警記者クラブで、ラグビーを通じて、合同ラグビーチームを作るほど、かなり深い繋がりがある。三谷秀史と森喜朗は、ラグビーでも繋がっていることになる。

(略)



 〔略〕森首相に質問する番記者を秘書官が怒鳴りつけて平手打ちを食らわせる事件が起きた。この“武闘派”秘書官はどんな人物なのか。

 〔2001年4月〕20日夜、官邸では台湾の李登輝前総統へのビザ発給問題の最終協議が行われた。午後10時半、公邸に向かう首相に番記者たちが、ビザ発給の理由を質問。森は例によってダンマリでスタスタ。三谷秀史秘書官(49)が首相と記者の間に割って入って「首相には聞こえてない」と記者団をストップさせた上で、共同通信の若い記者の襟首をつかんで「聞こえてないって言ってんだろ!」と怒鳴り、記者の左ほおを平手でパチーン。記者たちが抗議すると、今度は土下座をして平謝りしたのである。

 三谷秘書官は夕方にいったん官邸を出ていて、再び戻ってきた時には酒に酔っていたという。この暴力秘書は4つの官庁から派遣される秘書の一人、昨年4月に森政権誕生と同時に警察庁から出向してきた。

「“不作”といわれた1974年組の中では優秀といわれ、大阪府警警備部長、岡山県警本部長などを務めて官邸に出向しました。夜回りの記者に、わざと議論を吹っかける子供っぽいところがありましたが、いかにも警察官僚というきまじめな面もある。実は、えひめ丸の衝突事故があった時、ゴルフ場にいた森に『そこにいてくれ』と指示したのがこの秘書官。周囲からは“危機管理がなっていない”という声が出ていて本人も気にしていたようです」(事情通)

 そんな一件があったから、ことさら森の“護衛”が過剰になったらしい。三谷秘書官は土下座をしながら「首相は記者の質問に『……』と書かれるのがイヤなんだ」と説明したというが、平手打ちもそんな忠誠心かららしい。

 この事件は、三谷秘書官が共同通信側に謝罪をして落着。記者クラブも「退陣間近の首相の秘書官だから」と穏便に済ませることになった。しかし、三谷氏はえひめ丸の一件と記者の平手打ち事件で「警察庁に戻ってからの出世に響くかもしれない」(関係者)といわれる。〔略〕



(略)

三谷秀史は、2001年には警察庁から森首相秘書官になり、2003年の総選挙の期間、1年6ヶ月、千葉県警本部長になっていたようだ。



〔2ちゃんねるより〕

6 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/01/16(土) 12:14:32 ID:fdDCbp2m

東京地検特捜部長の佐久間達哉は1980年代に駐米日本大使館にいた

当時の駐米日本大使は大河原良雄
太平洋戦争当時から中曽根康弘とは戦友
駐米大使当時も中曽根の総理としての対米外交に二人三脚だった

面白いのは、退任後に「財団法人世界平和研究所」の理事長になったことだ。

この法人は、外務省管轄ではなく防衛省の管轄であり、主な目的として、「日米関係を良好なものとし、中国の軍事戦略について研究する」というもの

そして、大名誉会長には中曽根康弘、そしてブレーンはナベツネだ。

ナベツネ&中曽根−大河原−佐久間は、生粋の親米反中ラインであり、さらには、同団体の研究主管の薬師寺泰蔵は竹中平蔵とツーカー

この団体は面白いことに、柿澤弘治も理事になっている




926 名前:四代目 ◆Wg12u2MAZU [sage]
投稿日:2010/01/16(土) 12:21:44 ID:a7vc0m46

小沢さんは、佐久間の来歴の調べてるし、(財)世界平和研究所のことも百も承知だ

つまり、民主党議員百名以上を訪中させたのは、「CIAの手先とは組みませんよ」というメッセージだった

おそらくアメポチ連中は、小沢さんを暗殺するか、もしくは刑務所にブチ込みたいと考えるようになったと思うのが自然だ

佐久間は中曽根や大河原の薫陶よろしく、検事就任直後から田中角栄直系にターゲットを絞って捜査している

捜査ではなく、ほとんど操作に近い

マスコミのミスリードなんかは、佐久間がCIAであり、ナベツネの子分であるかぎり得意中の得意分野だ




962 名前:四代目 ◆Wg12u2MAZU [sage]
投稿日:2010/01/16(土) 12:28:43 ID:a7vc0m46

大河原良雄は森や小泉とも親交があるよ
逆に、民主党議員の誰一人として親交がない

ちなみに、大河原が駐米大使をしていたときに、一番連絡を密にしていた外務大臣は安倍だった




posted by はなゆー at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。