2010年02月21日

〔基地問題〕岩国市民が激怒「これでは自公政権と同じではないか」

「これでは自公政権と同じではないか」
「マニフェストはどうなった」


☆在日米軍再編:艦載機移転 防衛相「変わらず」 新政権への期待、失望へ/山口 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100221-00000167-mailo-l35

http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/869.html

北沢防衛相は冒頭のあいさつで「艦載機移転は前政権が決めたこと。皆さんはそんなものは要らないと言うが、私の立場からはご理解をいただきたい」と述べ、会場には失望が広がった。



《フォーラム参加者のブログより》

☆米軍再編と岩国を考えるフォーラム (周防大島まちづくり町民会議)

http://machikaigi.blogzine.jp/blog/2010/02/post_493d.html

住民からの声は民主党がマニフェストに掲げる米軍再編見直しの実行と愛宕山買取予算化の撤回が主であった。住民の声を聞き真摯な議論を求める声であったが、大臣からは前向きな答えは無かった。そればかりか、愛宕山をどういう使い方をしたいのか提案しろとか、まずは市や県に住民の声を届けるべきというような事まで言う始末である。であればこんな対話集会など初めから意味はない。参加者からは期待外れのため息と、これでは民主党も票を落すという声が囁かれていた。

地元出身の国会議員は住民の想いを代弁する訳でもなく、ただ進行に終始していた姿も虚しかった。民主党も自民党と同じだという声も囁かれていたが、ひな壇に上がった政治家や官僚の言葉には信頼や信用に足りうる重みはなかった。



NHK大河ドラマ総集編 花神 DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!
posted by はなゆー at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック