2010年02月22日

民主党が「公明党」と連立を組めばバッシングは終息する

民主党が社民党を叩き出して、かわりに「公明党」と連立を組めば、マスメディアによるバッシングは終息する。

            ↓

416 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/02/22(月) 08:56:31 ID:ep5Y5YUj
公明と連立するから、マスコミからのバッシングも半年間だけ


419 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/02/22(月) 08:57:25 ID:rGWCDwt7
つまり信濃町が自分たちを高く売ろうとしているわけですね


          ↑

☆公共の電波が創価学会のCMを解禁するのは問題じゃないのか
(日刊ゲンダイ1月27日掲載)

http://news.livedoor.com/article/detail/4577975/

http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/347.html

スポンサーの「CM離れ」が深刻になっているテレビ界。ここにきて民放各局がある重大な決断を下した。間もなくテレビ東京が創価学会のCMの放送を“解禁”し、他のキー局も順次放送を開始するという。久本雅美ら学会員タレントがCMに起用される可能性もありそうだ。

すでに創価学会はローカル局やラジオ局など電波系メディアにCMを大量に出稿している。タクシーに乗って、ラジオから「創価学会〜」というCMが流れてくるのを聞いたことがある人も多いのではないか。

(略)

「フジテレビと日本テレビが08年10月から『創価大学』のCMを放送して、話題になったことがあります。ちょうどその頃、衆院解散が近いとみられていたため、フジと日テレの局内では報道スタッフを中心に“選挙、学会、公明党の報道に支障をきたすのではないか”という指摘があったそうです。今夏も参院選があって、状況は1年半前と重なります。創価学会がスポンサーになって、報道の公平性が担保できるか疑問です」



《Yahoo!知恵袋より「テレビはなぜ創価大学のCMを流すようになったのか?」》

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119796156

質問日時:2008/10/11

テレビはなぜ創価大学のCMを流すようになったのか?

今までテレビキー局では創価関係のCMは流れていませんでした。
それが最近、創価大学のCMを見かけるようになりました。

地方では堂々と創価学会そのもののCMを流していますが、キー局は踏みとどまっていました。



回答日時:2008/10/13 22:31:24

1.TV局は斜陽産業です。

視聴者の趣味や生活は多様化し、電子ゲーム機やインターネットの普及によりTVを見る人も減り続けています。

加えて景気の悪さも影響し、一般企業は費用対効果を考え高い“日本のTV広告料”を渋るようになります。

TVCMを出したい企業が減れば、広告料も下がり続けるスパイラルとなります。

今の収益を維持したい強欲な民放TVはモラルを無視して、気前良く広告料を払ってくれるパチンコ(賭博)やサラ金のCMを流し続けます。

更に収益を回復させようと、宗教団体のCMを流す事を考えます。実際、ラジオや地方のTVでは創価関連のCM が流れています。

「宗教CMではない」と言い訳のできる創価大学のCMは、本格的に創価学会や聖教新聞などのCMを流し始める前の、視聴者の反応を見る“観測気球”です。つまり、半年後か来年には創価学会そのもののCMが流れているかもしれません。



2.創価学会は多くのメディアに広告を出しています。

そして多くの新聞社は聖教新聞の印刷を請け負っています。
それはカネの力でメディアの言論を封じようという策略です。

事実、数年前は創価学会の話題も記事になり、TVでもニュースとして流れていたのですが、今や見る機会は極端にありません。
わずか数社の週刊誌で見られるのみです。

関東地区や全国放送でのTVCMは、メディア封じを更に強めようということでしょう。

(以下略)




posted by はなゆー at 09:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
信濃町に、質の悪い狂信的右翼やナベツネや高給官僚を、完全掌握出来る能力は無い。
ガセでしょう。
Posted by 田仁 at 2010年02月22日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。