2010年03月16日

「闇の声」氏も衆参ダブル選挙が大いにありうると予測している

763 :闇の声
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C7%A4%CE%C0%BC
2010/03/15(月) 23:57:02 ID:SN3DA1nR


結果として、谷垣が森の圧力を跳ね返せず、安倍晋三の復活を許してしまった事が今回の鳩山離党にかなり影響を与えていると言う事だね。

麻生も安倍も選挙で負けたのだから、口を開くなと言えば良かったのにそれを何も出来なかった・・・もっと言えば、麻生は未だに自分が総理総裁のつもりで居る。

自分が小沢なら、鳩山を道連れにして退陣し衆参同日選挙に持ち込む。
もちろん、裏側から選挙戦は仕切るが、徹底した報道管制を敷いて動静は伝えさせない。

今なら完全に自民党は壊滅するし、鳩山邦夫側も相当痛手を食う。
信濃町は完全に民主支持に回り、結果何でも出来るだけの議席数を確保するだろう。

何よりも、対抗勢力が極左を除き殆ど居なくなってしまう。

党中央に権力を集中させておけば、首相が誰だろうと関係ないのだ・・・

それが小沢の狙いであり、さらに小沢べったりとなった原口が強力な報道管制体制を確立して反政府的な報道にはチェックを入れる様になるだろう。

原口は次の次を約束されているとの噂もあり、その場合副総理格には女性を据える。

言い換えれば、鳩山の後釜もそれほど長期ではなくて、実際長期政権となるのは原口の時代だろう。

右とか左とかではなく、政策論争でもなく・・・ただ、権力の維持だけが目的の政党になりあらゆる権力構造を党中央中心主義に変える事に専心するのだろう。

メディア規制を研究している原口にとって、いよいよ腕が奮える時代が来たと言う事だな。



兵法三十六計〔新装新版〕

posted by はなゆー at 01:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国民は茅の外ですか
Posted by 介護員 at 2010年03月16日 07:15
ダブル選挙をやるとしたら、その目的は消費税増税でしょう。
菅財務大臣が今年3月から税制改革の議論を始めると表明していましたが、今度は鳩山首相が国会答弁で「消費税を上げ、法人税を下げる」と表明しました。

「「法人税、減税の方向に導くのが筋」 首相が答弁」
http://www.asahi.com/politics/update/0312/TKY201003120175.html

さらに、枝野幸男行政刷新担当相は消費税増税を争点に衆院選が行われる可能性にも言及しています。

「消費税争点に衆院選も=行政刷新相」
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201003/2010031300303

ダブル選挙になれば、消費税増税が「子ども手当」「高校無償化」とリンクされて争点になるでしょう。
消費税を増税するか、「子ども手当」「高校無償化」を打ち切るか、というわけです。

そもそも、「子ども手当て」「高校無償化」自体、財界のリクエストによる政策です。短期的には住宅需要の喚起によるバブルの誘発、長期的には安い労働力を確保することが目的です。

「富裕層が踊り狂う「平成の鳩山バブル」の天国と地獄」
http://moneyzine.jp/article/detail/182237

経団連のwebサイトによれば、財源には消費税を充てるとしています。最初から消費税増税ありきの政策だったわけです。

「新たな少子化社会対策大綱「子ども・子育てビジョン(仮称)」に対する意見」
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2009/103.html

「子ども手当て」は6月下旬に初めての支給が行なわれる予定であり、その直後に選挙が行なわれれば、民主党圧勝の可能性もあります。そうなれば、消費税増税は確実です。
「子ども手当て」に浮かれた後には地獄が待っているというわけです。
Posted by nekonekoneko at 2010年03月20日 13:02
夢物語。
書く分には自由だ、としか。
何故、民主党と自民党の違いが判らないのか?
理解不能。
Posted by 田仁 at 2010年03月20日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック