2010年03月16日

ネット上では人種差別など「憎悪」をこめた書き込みが急増

☆ネット上にあふれる憎悪、SNSにもまん延 調査報告
(CNN.co.jp)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100316-00000013-cnn-int

http://www.asyura2.com/09/it11/msg/488.html

個人ブログや「フェイスブック」「MySpace」など大手ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、動画共有サイト「ユーチューブ」、ミニブログ「Twitter」も憎悪に絡んだコンテンツ(情報の内容)がまん延しやすい。



マキャヴェリ新装
posted by はなゆー at 20:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本では、在特会やソノ応援団がネットの匿名性に隠れた工作活動として行い、コメント数だけはコピペ等の手法で多く見せかけられる事から、感覚的に増えて感じられる面は否めないでしょう。
例えば他には、サンケイ新聞が米国高官の(恐らくはディエゴ・ガルシアのバンカーバスター備蓄等、米国軍事情に因る?)直前の訪日計画変更に『バナナ共和国』と飛ばし記事してます。
Posted by 田仁 at 2010年03月16日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック