2010年04月03日

常岡浩介さん失踪にパキスタン軍諜報機関は無関与だろうとの意見

はなゆー(一試合完全燃焼)
http://twitter.com/hanayuu/status/11500236187
米国ではなく、パキスタン軍の諜報機関が日本人ジャーナリストを殺す可能性についてはどうでしょう?



中田考(同志社大学教授。イスラム教徒)
http://twitter.com/HASSANKONAKATA/status/11500611281
パキスタン軍の諜報機関が日本人ジャーナリストを殺す可能性:
私は少し恐れています。常岡さんはペシャワール会の伊藤さんの殺害もパキスタン諜報部が仕組んだと現地のアフガン人達から聞いたと言っていました。
ただパキスタン情勢に詳しい知人はパの関与はなかろうとの意見。


中田考(同志社大学教授。イスラム教徒)
http://twitter.com/HASSANKONAKATA/statuses/11477594232
いえ、本物のタリバンなら歓待されますが、「偽のタリバン」に捕まった、あるいはタリバンに迎えられた後で、何者かの手に寄ってタリバンの手か(ら)奪われ拉致された、のではないかと思います。





《備考〜アフガニスタンで非政府組織「ペシャワール会」の伊藤和也さんが拉致・殺害された事件》

消息を絶った常岡浩介氏によるアフガニスタン現地からの報告
(2009年4月8日)

http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=61383&log=20090408

「事件はタリバンの仕業と伝えられているが、そうではありません。
ペシャワール会スタッフのクナール川利水活動を、ある隣国の人間たちが長期間監視していたのを私たちは知っています。クナール川の下流にダムを建設する計画を持っているこの国では、ペシャワール会がクナール川の水をナングラハルの住民に行き渡るようにすることで、自分たちのところに流れてゆく水が減り、計画によくない影響があると考えていたのです」

ザルマイ氏がどの程度の根拠を持ってこの話をしたのか、ぼくには分かりません。「タリバンではなく、パキスタン諜報機関の謀略」だといっているわけで、たいへん驚きました。



☆アフガニスタン日本人拉致殺害、パキスタン情報機関が関与か (2008年9月3日のAFP通信)

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2513293/3286813

 アフガニスタンで非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)が拉致・殺害された事件で、アフガニスタン情報当局は3日、事件に関与したとして逮捕したパキスタン国籍の男が、パキスタン情報機関に雇われて拉致に協力したと供述したと発表した。

 アフガニスタン国家治安局(National Directorate for Security、NDS)の公式発表によると、逮捕したアディル・シャー(Adil Shah)容疑者が、パキスタン北西辺境州(North West Frontier Province)でイスラム神学校に通っていた。シャー容疑者は、パキスタンの3軍統合情報部(ISI、Inter-Services Intelligence)に雇われてアフガニスタン人3人とともに活動していたと供述していることを明らかにした。

 NDSの発表は、「アディル・シャー容疑者は、取り調べに対し、パキスタンISIが日本人スタッフの拉致・殺害を計画・実行したと供述した。また、アディル・シャー容疑者らのグループが多額の報酬を受け取った」と述べている。



冬の兵士
posted by はなゆー at 06:30| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あのう。
強盗だ金目当てだと言いますけどね、日本だってソウ遠くない昔に似た様な事をしてるんだから、思い出して見れば如何なんですか?
って、大陸ゴロに麻薬を売らせて津々浦々迄「日の丸商標登録」を行き渡らせ、次にソレ等を統合して「宏済善堂」を作ってペルシャ産阿片をも扱い出し、地元民が阿片売買を止めようとしたり売上金を奪おうとしたりしたら「匪賊・馬賊」呼ばわりで討伐隊が出た、満州経営&(中国から見れば第三次阿片戦争に当たる)日中戦争の事ですけども。
ソレを構図的に当て嵌めたら如何なりますかね?
本当に、素人衆とか(その方面に知識の乏しい)貧乏人に「何処其処へ行けば麻薬が手に入る、商品として扱えるぞ」と耳打ちする事は軍諜報機関として無関与なのかな?
ホントに?
因みに、今の麻薬王は米国のアーミテッジで、海兵隊の教育は未だに旧日本軍の伝統を引いて「ホンチョウ」と上官を呼ぶんだそうです。
Posted by 田仁 at 2010年04月03日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック