2010年04月04日

〔参院選〕社民党の選挙戦略に重大な欠陥があるとの見方も

社民党青森県連は、参院選青森選挙区(改選数1)に元三沢市議、山田清彦氏の擁立を決めた。


☆選挙:参院選 社民県連、選挙区に山田元三沢市議を擁立へ/青森 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000030-mailo-l02

http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/697.html

山田氏は「米軍基地や核燃料サイクルの問題を全県的に訴えていきたい」などと抱負を述べた。

(略)

現在は県連常任幹事や、核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団事務局長を務めている。


       ↓

http://alcyone.seesaa.net/article/145621987.html#comment
1人区で擁立しても、落選確実なのに・・・。
比例区で擁立し、全国の「脱原発派」の支持を調達すればいいのに。
社民党の選挙戦略は、理解できない。
Posted by yuri at 2010年04月04日 22:46



★見るからに無党派層や若年層にウケそうな「本田ゆみ」氏
http://twitter.com/honda_yumi
http://www.youtube.com/watch?v=Dpw3fFAzEdo
が参院選に出てきそうにないことも、社民党にとって「見えざる痛手」となっていると思う。

ラベル:山田清彦
posted by はなゆー at 23:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いづれにしても社民党の主張は間違ってはいないのだから、民主党の顔色など伺ったりせずに、堂々と選挙を戦えば良いと思う。
Posted by aiu at 2010年04月05日 09:48
青森選挙区では既に共産党が立候補を決めています。政策は一致しているのですから、社民党は独自候補を立てずに共産党の候補を応援するべきです。
社民・共産が票を食い合って共倒れというのはあまりにばかげたことです。
社民・共産の選挙協力が実現すれば、議席の大幅増も可能でしょう。
Posted by nekonekoneko at 2010年04月08日 05:25
社民党が善意のボランティアであって、共産党の思い通りに自己犠牲の精神で動いてくれると言うのは、共産党の願望として都合がいいでしょうが、現実社会はギブ&テイクです。
もっとドロドロした大人の思惑ですね、残念!
Posted by 田仁 at 2010年04月09日 18:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック