2010年04月12日

オーストラリアで「白豪主義」復活の兆し?

AllAfrica
http://twitter.com/allafrica/status/12038902623

Africa:
Africans Target of Racism, Harassment By Police in Australia:

       ↓

Stephen De Tarczynski

http://allafrica.com/stories/201004120519.html

Melbourne, Australia ― The police "picked me up, they put me in the back of the car. Then they took me to (locality withheld) and beat (expletive) me, and they left me there," a young person of African background said in a new study into the treatment of youths of African background by Australian police in Melbourne.

The 'Interventions into Policing of Racialised Communities in Melbourne' report, released in mid-March, is part of a project into racism here managed by three community legal services in Australia.

It found that young African-Australians in the country's second-largest city are over-policed, that police harassment and violence is either under-reported or inadequately investigated by the relevant oversight bodies, and that police often resort to hostility and aggression when young people assert their rights.

(以下省略)



戦争サービス業
posted by はなゆー at 19:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイの銃撃も地元民は「知らない外国人」とチャケてます。
争乱が広く画策されてます。
北朝鮮の機雷?とされる謎の沈没をした韓国巡視艦も、李大統領が引き揚げに国連と米英豪を呼ぶ念の入れ様で、北朝鮮なら「戦果を誇る」筈が報道しない不自然さ。
そして言うに及ばず、キルギスにポーランドの要人急死です。
世界中で一気に同時多発の「争乱勃発」であり、テロ組織の規模を遥かに大きく越えます。
特に日韓でメディアを操れる勢力と言えば…。
Posted by 田仁 at 2010年04月13日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック