2010年04月13日

参院選後に民主党内「旧社会党グループ」の過半が排除される可能性

☆慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
(4月5日の夕刊フジ)

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20100405002/1.htm

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak37/msg/143.html

「大連立構想の時、小沢氏は福田康夫首相(当時)に条件として『憲法改正』と『消費税(増税)』をあげた。あの時に大連立をやっていれば、『政治とカネ』の問題はあったが、小沢氏は大政治家になっていた」

石原氏は4日、フジテレビ系「新報道2001」に出演し、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長から聞いたという話を交えて、こう語った。

(略)

自民党中堅は「平沼・与謝野新党には裏がある。石原氏が語った『憲法改正』と『消費税(増税)』がポイントだろう」と示唆する。

(略)

「今回の構想は、参院選後に小沢氏が民主党内から旧社会党グループを追い出した保守Aと、与謝野・平沼新党の保守Bを合流させるもの。その旗頭は『憲法改正』と『消費税(増税)』だ。石原氏の新報道2001での発言は、小沢氏にメッセージを送ったものではないか」

 


〔備考〜小沢幹事長を失脚させようとする民主党内の「旧社会党グループ」の動き〕


☆民主岐阜県連が体制刷新を要求 小沢氏更迭論が背景
(4月12日の産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000616-san-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/331.html

民主党岐阜県連は12日、「政治とカネ」の問題で内閣支持率が下落していることを受け、党体制刷新を求める鳩山由紀夫党代表(首相)あての申し入れ書を党本部に提出した。名指しは避けたが、県連内の小沢一郎幹事長更迭論を背景にしたものだ。

(略)

政権交代後、民主党の地方組織が党人事の刷新を求めたのは初めて。岐阜県連顧問の渡辺嘉蔵(かぞう)元官房副長官(注:1983年に行われた衆議院選挙で日本社会党公認で出馬し初当選。自由民主党・社会党連立政権下で、第1次橋本内閣の内閣官房副長官を務めた)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E5%98%89%E8%94%B5

は「誰が読んでも小沢氏の更迭を求めるものだ」と指摘した。

 

☆民主・生方議員、街頭演説で小沢氏辞任求める
(3月20日の読売新聞)

http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/778.html


民主党の生方幸夫衆院議員

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E6%96%B9%E5%B9%B8%E5%A4%AB

(注:「憲法9条を世界に広めること」を主張している。横路孝弘氏を会長として発足した民主党の党内左派グループ「新政局懇談会」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%94%BF%E5%B1%80%E6%87%87%E8%AB%87%E4%BC%9A

のメンバーである)

は20日、千葉県松戸市で街頭演説し、小沢幹事長を批判して副幹事長を解任されることについて、「民主党は、小沢さんが白と決めれば全部白だという政党になってしまった。言論の自由がない政党が、国民の言論の自由を保障できるのか」と執行部の対応を批判した。

小沢氏の進退については、「国会で(政治資金問題を)説明し、国民の理解が得られなければ、けじめをつけることが大事だ」と述べ、辞任が望ましいとする考えを示した。生方氏は「多くの議員が党内で声を上げないといけない。『処分されるかも』と口をつぐめば、民主党に未来はない」と訴えた。



韓非子
posted by はなゆー at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言う迄もありませんが、政党助成金は議員数に依ります。
Posted by 田仁 at 2010年04月13日 19:29
生方って旧社会と渡辺新聞の二重スパイか?
Posted by マロー at 2010年04月14日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック