2010年04月14日

舛添・東国原・橋下の「B層総取り新党」結党へ向けた動き続く

☆舛添・東国原氏、15日にも会談…新党視野か (読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00001370-yom-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/373.html

国民人気が高い舛添氏と東国原氏の接近は注目を集めそうだ。

(略)

橋下氏は同日夜、舛添氏から事前に電話で提言の説明を受けたと、記者団に明かした。


★舛添・東国原・橋下の三氏が結託し「サーカス」を提供すれば「B層有権者の総取り」ができる。民主党政権は終焉を迎えることになるであろう。

posted by はなゆー at 05:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愚かな見解です。
舛添新党がB層のかなりの部分を取ったところで組織力がありませんから、一桁に留まることは確実。
同じくB層に人気のある「みんなの党」と票を分け合うことになるでしょう。
その結果、次々に組織を引き剥がされて浮動票頼みの自民党は惨敗、着々と組織を固めている民主党の圧勝ということになるでしょう。
つまり新党が話題になればなるほど民主党に有利に作用することは自明です。
Posted by B層 at 2010年04月15日 03:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック