2010年04月21日

この記事へのコメント
>〔参院選〕日本創新党は公務員数を「3分の1」削減することを公約

これは道州制導入が前提でないと不可能だろうが、道州制導入は寡頭政治の温床で地方政治のファシズム化への最短距離ですな。
こいつ等も消費税増税を主張していますが、逆進性の強い消費税増税は景気悪化を招き、信用収縮によるデフレスパイラルに陥るのは必定だ。
もし増税するなら、担税能力のある者から徴税すべし!
優良輸出企業に退蔵されている内部留保に対して、如何に合理的に徴税出来るかが日本が復活出来るか否かの分かれ目だろう。
Posted by 奇兵隊 at 2010年04月21日 18:40
公務員の削減。これは危険な意図が見え隠れする大問題かもしれません。

公務員三分の一削減で何が起こるか。残った公務員の仕事量が五割増しになるかというと、さにあらず。高度経済成長期以降に切り捨てられた現業部門は、すでに民間委託されてしまっています。残った事務部門で暇な部署はそんなに多くはありません。従って、事務作業量は残った人間でこなせるわけがないんです。

そこで、こなせない仕事をどんどん外注にまわす、というのがこれまでの経験で分かっています。民間委託で仕事を捌くということです。特に、福祉や文教(図書館業務や都道府県民会館・博物館などの施設業務など非常に多岐にわたる)部門では、現在急速に民間業者に委託する動きが進んでいます。その結果生じるのは、それら業務のサービス低下、効率低下、無責任体制の蔓延などが広がります。委託される民間業者は営利企業ですから、儲かる仕組みを作るわけですね。儲からない部門はどんどん切り捨てるということです。さらに問題なのは、儲かる部門をどんどん拡大する傾向が顕著です。

たとえば、これは国家の場合ですが、刑務所。いま、日本で刑務業務のほとんどを国がやっています、ただ一部、民間委託がはじまっていますが。ところが米国では、刑務所の民間委託が急速に広がっている。収容者を極めて少額の賃金で、労働に従事させることができ、参入した業者は巨額の利益を上げています。もちろん、日本でも刑務作業(これも極めて低賃金)でキャピック(財団法人矯正協会 刑務作業協力事業部 - capic)が有名ですね。矯正などとんでもない。強制労働に従事させる仕組みが日米で強化されている。出所して作業で貰えるお金はわずかで、数週間で底をつき再犯せざるを得ないということは、これまでも各方面から指摘されています。

さらに、行政サービスを、民間委託でまかなうというのは非常に危険です。上記のような問題点は一例に過ぎません。

公務員を減らす、という一見耳触りのよい話には、大きな副作用がともなうことを覚悟をする必要があります。国鉄が分割民営化されて何が起こったかというと、事故の多発、遅延の常習化、窓口サービスの大幅な低下など、数え切れないほどの弊害があった。このことを忘れてはなりません。
Posted by Devlin at 2010年04月21日 18:53
日本は公務員数は国際比較で別に多いというわけでは
ないのだから、配置転換やいまや高すぎる給与を
下げたり、非正規との平準化で対応すべきだと思うんだが。

結局、この党は政経塾上がりが中心にいたり、
無職議員の救済が目的だからな。ネーミングのセンスに
しても何か青臭さが抜けない。

この党に限らないが、新党でバラ色を語って遊ぶ時間は
もう日本にないと思う。これだけ時間をかけた民主党で
さえ地方組織の貧弱さをみると、本当に成果まで結び
つく政党を作るのは政治家も国民も長期の忍耐が必要な
ことを改めて思い知らされる。

いま新党って言っている奴に長期的に有望なのはほとんど
いないよ。
Posted by cm at 2010年04月22日 01:11
公務員削減で喜べるのは現場を知らないB層だけ。
既に「高賃金」も単なる伝説や神話に過ぎない。
民営化・派遣化の進む現状で、データとして完全な「公務員+見做し公務員」の賃金水準など、到底下げる云々のレベルでない。
但し、そんな実質的な賃金水準調査など、自民党が必死に隠し続けて来た侭だ。
何故なら、自治労潰しに不都合な真実だから!
郵政民営化前に、一切「ゆうメイト」以下の非正規雇用をメディア露出させない様、覆い隠して来たと同様に!!!
本当は、ゆうパック宅配員の方が悲惨な境遇だったんだけど、民主党(当時野党)に直接メールしてギリギリ地方局が報じた程度。
Posted by 田仁 at 2010年04月22日 14:23
>既に「高賃金」も単なる伝説や神話に過ぎない。
>民営化・派遣化の進む現状で、データとして完全な「公務員+見做し公務員」の賃金水準など、到底下げる云々のレベルでない。

この様な人達給与を引き下げろとは言いませんが、一部の高級官僚の貴族の様な待遇を受けている奴は、この際に馘首ってことでお願いしたい。
それと、辞めさせる前に年収に対して1000%課税しろ!
Posted by 奇兵隊 at 2010年04月22日 22:08
お役所での非正規雇用における低賃金問題はあるにしても、高級官僚のみならず、一部の公務員管理職や(実労時間の極めて短い)地方議員でも、給与が極めて高い事は事実です。 本質的な課題は、彼らが給与に見合った働きをしていないことです。

そして困ったことに、(仕事の負荷をならすための)配置転換や高すぎる給与の引き下げ・非正規との平準化がうまくいかないのは、内向きの組織防衛体質が改革を困難にしているからです。
Posted by もえおじ at 2010年04月23日 00:04
国鉄民営化で鉄道は便利になりました。さまざまな分野を民営化すれば効率的になり税金も安くなります。
どんどん公務員を減らして自由な国にしましょう!
Posted by 讃岐 at 2010年04月28日 02:31
人件費削減&人員削減=デフレ。
日本人は人命迄も経済苦からデフレ化した。
自民党末期政権下で著しく人命デフレが進行、11年連続で3万人を越える自殺者を記録した。
今年も3万人は越えたが、増加傾向には一応の歯止めが掛かった。
公務員は既に地方であればある程「非正規雇用化」し実質的に給与水準は低下しているが、にも拘らず正規雇用の安定した生活設計が可能な労働者のみで「給与水準」が出されている卑小なカラクリ。
勿論、自治労が民主党の基盤であるとの危機感にも因るが、根本問題は機密費や天下り(に従う予算配分)等を駆使した結果、日本国内に別世界のブロック経済が出来ており、ソノ内部に居る者は外部の痛みが計り知れないからだ!!!
マスゴミやアンシャン・レジームは、血税による特殊なブロック化した経済の内部の住人!!!
流石、自民党が根強い残光を放つ地方だけの事はある!
自民党やソノ別働隊である雨後の筍政党は本気で日本をブッ潰す気です!!!
ニンゲンの屑ですね。
Posted by 田仁 at 2010年04月28日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック