2010年04月29日

産経新聞「社民党が連立政権から離脱する方針を固めた」

☆「普天間」県内移設 日米合意なら社民、連立離脱へ (産経新聞)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/385580/

http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/375.html

しかし、それでも日米両政府が県内移設で合意すれば、基本政策閣僚委員会や閣議で同意できないとして、党首の福島氏が閣僚を辞任し、連立を離脱する。


★民主党としては代わりに公明党と連立すれば済むことであり、痛くもかゆくもない。



日清食品 カップヌードル ビッグ X12食入


ラベル:普天間 辺野古
posted by はなゆー at 02:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事実なら、愚かすぎる。産経新聞など右翼マスコミは大喜びだろう。

連立を離脱すれば、政治的影響力はゼロになり、
マニフェストに掲げた政策の実現は困難になる。
最低保障年金も、企業団体献金禁止も、選択的夫婦別制度も、所得税の累進強化も・・・
実現困難に。
それでは、共産党と同じ。
「第二共産党」となるのなら、社民党にもはや存在意義は無い。
解党すべし。
Posted by yuri at 2010年04月29日 03:07
公明党はP献金を公費で賄いたいだけですけどね…。
Posted by 田仁 at 2010年04月29日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック