2010年05月04日

米澤敏雄氏は裁判官時代に「平和相互銀行事件」も裁いた

☆検察審査会の敵意むき出し 議決文の陰にヤメ険弁護士
(日刊ゲンダイ5月1日掲載)

http://netallica.yahoo.co.jp/news/121312

http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/658.html

「米澤氏は61年に検事に任官し、5年後に裁判官に転身。岐阜地裁や静岡地裁の所長を務め、東芝ココム規制違反事件やリクルート裁判も扱ったベテランです。90年の平和相互銀行不正融資事件の判決文では、特別背任罪に問われた元監査役に対し『邪道な行為』とキツイ言葉で断じている。第5検審の議決文にも米澤氏が関わっているのは間違いない」(司法記者)



《おまけ》

☆普天間移設 馬毛島に飛び交ったダーティーマネー20億円
(日刊ゲンダイ12月7日掲載)
http://www.asyura2.com/09/senkyo75/msg/806.html

鳩山首相が年内決着を断念して以来、混乱が続く、米軍普天間飛行場(沖縄・宜野湾市)の移設問題。新たな移設先として鹿児島・種子島沖の“無人島”が浮上した。

(略)

また、この島は旧平和相互銀行の乱脈融資事件の舞台となった“利権の島”としての顔も持つ。

「馬毛島開発は立石社長の手に渡る以前は、平和相銀の関連会社でした。1974年頃から平和相銀の融資を受け、レジャー施設の建設を計画したが、石油危機などで挫折。その後、金利負担の増大から馬毛島の一括売却が平和相銀の最大の懸案となったのです」(事件を取材したジャーナリスト)

平和相銀サイドは83年に超水平線レーダー用地として防衛庁に売却しようと大物右翼に政界工作を依頼。この大物から、20億円もの政治資金がバラまかれたとされる。

「ところが、この大物は現金を贈った議員の名前については口を割らず、東京地検の捜査も86年で打ち切られた。大物が皇民党にも間接的につながっていたことから、竹下登元首相の『ホメ殺し』の遠因になった、と当時は囁かれました」(前出のジャーナリスト)



倫理的な戦争
posted by はなゆー at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
十中八九、日本会議…。
利権ズブズブは、結局そんな。
ソレに付けても、起訴した名古屋のヤクザって?!
銀行頭取暗殺の。
石井紘基暗殺と何らかの関係性は?
Posted by 田仁 at 2010年05月04日 22:52
自己レス恐縮ですが、名古屋の支店長射殺は山口組と、検索は致しました。
Posted by 田仁 at 2010年05月05日 12:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック