2010年05月06日

〔普天間〕社民党党首は沖縄から現地紙を取り寄せて読み込み

福島みずほ
http://twitter.com/mizuhofukushima/status/13420178125
沖縄の新聞を届けてもらう。県内移設ノーの切実な声を本当にどう実現するか!必死で、多くの人と力を合わせていく。



〔しかし沖縄県出身者からはこういう声も出ている〕

聞得
http://twitter.com/fusou_island/status/13420400311
@mizuhofukushima  
みずほ先生、もう、お力は要りません。沖縄は独自で米国政府と交渉します。そのセッティングを願います。先生には他に果たすべき使命が数多くある。沖縄のことは、沖縄がやります。ヤマトを挟まず、沖縄がやれるような体制だけ創って頂ければそれで結構です。


聞得
http://twitter.com/fusou_island/status/13402041845
@mizuhofukushima 大臣、オバマ大統領を沖縄に招聘し、そこで伊波宜野湾市長とお話をさせて下さい。宜野湾市民の面前でです。そのセッティングだけ、お願いします。あとは、ウチナアンチュが全部自分達でやりますので。


聞得
http://twitter.com/fusou_island/status/13401969052
@mizuhofukushima 「地元の合意は日本政府がやることと」というのがアメリカの立場でしょう。沖縄がこれだけ頑迷に反対しているのですから、「すみません。私達には出来ません。直接、お話願えませんか?」と言えばいいだけのことです。



戦争広告代理店


posted by はなゆー at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。