2010年05月06日

遂にアフガニスタン現政権がタリバン側へ「和平協定」を提案!

deepthroat
http://twitter.com/gloomynews/status/13476708641

アフガンのカルザイ政権がタリバン側へ今月末に提示を予定している和平協定案について英ガーディアン紙が独占報道。タリバン司令官たちには戦闘を停止すれば第三国への出国を黙認し、一般タリバン兵には仕事の機会を提供すると。まもなくカルザイは和平案をオバマ政権と協議する予定。

        ↓

☆Taliban leaders to be offered exile under Afghanistan peace plan
(英紙ガーディアン)

http://www.guardian.co.uk/world/2010/may/05/afghanistan-taliban-leaders-offered-exile-peace-plan

The plan will then be presented later in the month to a gathering of representatives from across Afghanistan called the National Consultative Peace Jirga. Once agreed upon, the government will be able to start spending around $160m (£100m) pledged by the international community to lure fighters away from the conflict. The document refers to such fighters as "angry brothers", reflecting the belief that a substantial portion of insurgents are not motivated by strong ideological beliefs.



posted by はなゆー at 18:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コレぞ、田中宇が仄めかした『オバマ、アフガン電撃訪問』の成果。
しかし、ソレに付けても非道な部下を持つと苦労する!
てか、実質『四面楚歌』。
Posted by 田仁 at 2010年05月07日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。